キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『春との旅』:21世紀の「東京物語」かと思った @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2010/06/06 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 1

画像


年老いた漁師・忠男が孫娘・春と旅をする。
旅の先は、漁師の兄弟のところ。
忠男は、職を失った春が東京へ出て行くと、独りになってしまう。
兄弟に面倒をみてもらおう、という魂胆である。
そんな予告編を観て、「これは『東京物語』の21世紀版なのか?」と思った。
さて・・・

『春との旅』は、『東京物語』のようで、『東京物語』でない。
当然といえば当然なのだが。

物語の骨子は、似ているのだが、映画の肌触りはかなり異なる。
端正にカット割りをした『東京物語』に対して、ほとんどカットを割らず、望遠レンズでひとびとを観察するかのうような『春との旅』。

春と旅する先々のエピソードが、世相を映した内容と、ひと昔前の日本映画でありそうなエピソードとが綯い交ぜになっている感じ。

長男・大滝秀治は、息子に家業を任せて引退の身。
と思いきや、もうすぐ、夫婦ともどもホームへ入ることになっている。
忠男と春が辞去する際に、「ホームに入る」と絶叫する大滝秀治と彼に寄り添う妻・菅井きんが痛ましい。

画像


次に訪ねたのは末弟。忠男とはウマが合った。
その弟は、他人の罪を背負って刑務所の中と、さびれた食堂を営む内縁の妻・田中裕子が告げる。
このエピソード、ひと昔前の日本映画のよう。

画像


長姉・淡島千景は立派な旅館の女将。
わがまま三昧な忠男は使いものにならず、春なら働き手になると踏んだ彼女。
ゆくゆくは、春に旅館を切り盛りしてもらいたいという思いもあり、彼女だけなら引き取るというのだが・・・
このエピソードでは、淡島の矍鑠(かくしゃく)とした姿が素晴らしい。

画像


最後に頼るは、ウマの合わない弟・柄本明のもと。
不動産業を営んでいたが、不況の折、店をたたんでいた。
かつての店跡は更地に。驚く忠男の様子が滑稽だ。
「いまさらながら、オレに頼るな」と突き放す柄本明と忠男・仲代達矢とのやり取りは火花を散らすよう。

画像


兄弟だれにも頼ることが出来なくて、行き着く先は・・・

忠男と旅するうちに家族の血が恋しくなった春。
幼い頃に、母と自分を棄て、生家の牧場へ帰った父・香川照之を訪ねることになる。

画像


父と母との経緯(いきさつ)を知り、父の後妻から一緒に暮らそうと持ちかけられるが、所詮は擬似家族・家族ごっこのようなもの。
身内に縁薄い祖父と孫。
ふたりぼっちの血縁関係。
父と後妻の家族を残して、「そーぉっと、お暇(いとま)しましょうか」というあたり、素晴らしい。

画像


ここで終わってくれれば秀作・佳作となったものを、この後が蛇足。
一気につまらなくなってしまい、★ひとつは確実に減少。

評価としては★3つとしておきます。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id335616/rid102/p0/s0/c0/

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画21本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)←カウントアップ
  日本映画 7本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画28本(うちDVD、Webなどスクリーン以外26本)
  日本映画18本(うちDVD、Webなどスクリーン以外16本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『春との旅』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「春との旅」□監督・原作・脚本 小林政広 □キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人は、生きていく過程において、他人にかけた苦労や迷惑は、どんな誠意を持ってしても、許されるものではない。 ただ、同じ血が通う人間同士としては、親子兄弟の垣根を超えて、言葉にできない歩み寄... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/06/08 08:14
春との旅
ある日、突然── ひとりの老人が家を捨てた。 孫娘、春が あとを追った…。 ...続きを見る
to Heart
2010/06/08 20:23
『春との旅』 手帳の住所は正しいか?
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2010/06/17 03:43
春との旅
<<ストーリー>>足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと&... ...続きを見る
ゴリラも寄り道
2010/06/17 10:50
春との旅
 『春との旅』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2010/06/24 06:28
【映画】春との旅
▼動機 キャストと予告編を見て ▼感想 今年になって初めて映画を観たと思った ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2010/06/24 20:09
『春との旅』お薦め映画
さすがの俳優陣。親子、家族、老後の問題を、静かに鋭すぎる切り口で描いた社会派ホームドラマ。老いた身の哀しさ、寂しさ、もどかしさ、生への執着を捨てきれない情けなさが痛いほど伝わってくる。 ...続きを見る
心をこめて作曲します♪
2010/06/27 22:59
映画 『春との旅』
妻と二人で、秋田駅前のフォーラス・シネマパレで観てきました。 ...続きを見る
映画鑑賞の記録
2010/09/04 22:48
mini review 11521「春との旅」★★★★★★★☆☆☆
足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。『愛の予感』などで国際的にも高い評価を受ける小林政広監督の8年越しの企画となる作品で、高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける。主演... ...続きを見る
サーカスな日々
2011/03/31 12:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、最後の部分が余分です。作り手はつい、饒舌になりすぎてしまうという見本ですね。話の発端は現実的だけど、映画全体は一種のファンタジー的味付けなのだから、最後をこう終わらせたんでは、台無しでしょうが・・。
ぷ〜太郎
2010/06/13 01:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
『春との旅』:21世紀の「東京物語」かと思った @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる