キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『キッズ・オールライト』:新しくて古い家族の形 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2011/05/05 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 1

画像


新しい家族のスタイルをとっているが、その実、そう新しくはない。それほど変わっていない。
まあ家族とはこんなものだよ、という映画。

新しいのは、家族のスタイル。

同性愛の2人の女性それぞれが、同じドナーから精子の提供を受けて生まれた娘と息子。
4人家族。

そこへ闖入者がやって来る。
その闖入者は誰あろう精子ドナーの男性。
娘と息子からみれば、生物学上は父親。

この闖入者を別れた元妻や元夫と置き換えれば、これまでさんざんぱら観てきた家族の映画と相成るわけで。

変わっていないのは、家族を形作る根本のところ。

闖入者によって変化していく・引き裂かれていきそうになる家族の根底にあるのは、それまで過ごしてきた時間とその中で育まれてきた信頼関係。

父親といっても、ただの血の繋がり。
時間をかけて育んできた信頼や、相手を思いやる心は、残念ながら、血が繋がっているというだけでは無理なよう。

娘、息子とも思春期・旅立ちのときを迎えて、家族が変化していくその一瞬を捉えた映画だが、前半うまく交通整理ができていなくて、「まとまった家族」が表現できていない。
そのため、後半の騒動が活きてこなくて残念。
息子のゲイ疑惑なんてのは、ちょっと余計な感じがします。

評価としては★3つ半といったとこらかしらん。

↓DVDはコチラから↓



最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『メアリー&マックス
⇒『100歳の少年と12通の手紙
⇒『メッセージ そして、愛が残る
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『ヤコブへの手紙
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『人生万歳!』
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『Ricky リッキー
⇒『永遠の語らい
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『シングルマン
⇒『ルイーサ
⇒『ニューヨーク、アイラブユー
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺

------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画 8本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)←カウントアップ
  日本映画 3本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画16本(うち劇場 0本)
  日本映画 1本(うち劇場 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『キッズ・オールライト』お薦め映画
この5人の登場人物が一つのテーブルで食事をするシーンは笑いを誘う、実に奇妙な光景だ。ポールは遅れてきた真の家族か、排除されるべき侵入者なのか…? こんな家庭が将来あなたのご近所さんになるかもしれない。新しい形の家族の普遍的な悩みを描く、お薦め作品だ。 ...続きを見る
作曲♪心をこめて作曲します♪
2011/05/06 21:03
キッズ・オールライト
公式サイト。原題:THE KIDS ARE ALL RIGHT。リサ・チョロデンコ監督、アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/05/08 10:47
抱きたいカンケイ/キッズ・オールライト
大震災前に観た映画を2本まとめてご紹介。 いずれの作品も、アメリカ感覚?で日本人感覚とのズレは大きい感じがする。 1本目は、セックスだけのカンケイからスタートするカップルの話。 2本目は、女性カップルでそれぞれが人工授精で産んだ子供がいる話。 日本では寡聞な設定?だと思う。 アメリカはすすんでるなあ。ホントに? ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2011/05/08 10:59
キッズ・オールライト / THE KIDS ARE ALL RIGHT
ランキングクリックしてね &amp;larr;please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2011/05/08 13:53
キッズ・オールライト / THE KIDS ARE ALL RIGHT
ランキングクリックしてね &amp;larr;please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2011/05/08 16:41
映画「キッズ・オールライト」新しい形の家族のホームドラマ
「キッズ・オールライト」★★★☆ アネット・ベニング 、ジュリアン・ムーア、 マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、 ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ・ダコスタ出演 ...続きを見る
soramove
2011/05/14 21:16
キッズ・オ―ルライト(2010)▽▲THE KIDS ARE ALL RIGHT
 青空の下、共に生きる。 家族になる。 京都シネマにて鑑賞。 風変わりな家族です。でもそんな違和感を感じさせない、カラッとした家族関係! ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/05/26 00:45
映画『キッズ・オールライト』を観て
11-32.キッズ・オールライト■原題:The Kids Are All Right■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月6日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:0円(ポイント利用)□監督・脚本:リサ・チョロデンコ□脚本:スチュアート・... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2011/05/30 23:07
キッズ・オールライト
ブログネタ:2012年楽しみなこと 参加中 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2012/01/09 21:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
久し振りに、政治も宗教も病気もでてこない、
純粋に家族間の問題に右往左往する映画を観たなというのが感想です。
こういう映画もたまには必要ですよね。
ぷ〜太郎
2011/05/30 12:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『キッズ・オールライト』:新しくて古い家族の形 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる