キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アヒルと鴨のコインロッカー』:かなり以前に原作本を読みした @レンタルDVD

<<   作成日時 : 2011/09/10 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


一時期立て続けに映画化となった伊坂幸太郎の小説、その映画化の火種となった作品です。
原作は、この映画がロードショウ公開されている頃に読みました。
小説の印象は・・・

ちょっと軽めの文体だけれども、意外と書込みが多く(それだけ丁寧ということか)、小品といってもいいようなこの作品でもかなり厚みがあったように思えました。

ミステリーのトリックとしては、読み手へミスリードを誘うといったものなので、この手の作品を映画化するのは、なかなか難しいです。

ですが映画は、そこいらへんを巧く処理しています。

モノクロとカラーをまじえて、ここからはこうだからモノクロ、ここからはこうだからカラー、と丁寧に使い分けています。
語り口のルールがはっきりと決められています。
ですので、、忠実な映画化、ともいえるでしょう。

映画の内容はよしとしても、それにしてもよく判らないタイトル。

アヒルと鴨は、似て非なるものの例。
コインロッカーは、神様に目を瞑ってもらおう、という意味で、神様ボブ・ディランが流れるラジカセを閉じ込めること。

にしてもなぁ・・・・

瑛太、濱田岳とも好演。
岳ちゃんの友人役で登場する岡田将生、若いなぁ。

評価は★3つ半としておきます。

↓DVDはコチラから↓


------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画30本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)
  日本映画11本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画29本(うち劇場 5本)
  日本映画 6本(うち劇場 0本)←カウントアップ
------------------




アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
東京創元社
伊坂 幸太郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)
東京創元社
伊坂 幸太郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
伊坂氏の映画化は、これがすっきりよくできていますね。「フィッシュ・ストーリー」にまでなると、大風呂敷広げすぎという感じで、まあ、それでも収めてはいますが、大味な感は否めません。
アヒルと鴨は、河崎とブータン人でしょうかね。
ぷ〜太郎
2011/09/12 10:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アヒルと鴨のコインロッカー』:かなり以前に原作本を読みした @レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる