キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『臨場 劇場版』: シリーズ未見でも十分楽しめる出来 @ロードショウ・一般劇場

<<   作成日時 : 2012/07/24 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


テレビシリーズは一切未見のりゃんひさです。
「観るなら人物関係は押さえておいたほうがいいよ」という妻から、少々知見を得ましたが・・・
別に教えてもらわなくても、十分面白かったです。

まず、ドラマの組み立てが面白いですね。

無差別通り魔事件と、心神喪失による無罪が冒頭にあり、その事件の弁護士と精神鑑定をした医師が殺される。
通り魔事件の被害者遺族が犯人か。
しかし、操作を進めていくうち、今回の被害者の弁護士と精神科医師には、過去、冤罪事件にかかわっていたことが明らかになる・・・

ちょっと風呂敷を広げすぎた感じがなくはないですが、推理ものの定石「ミスリード」を何重にもしかけた脚本がいいです。

そのため、ミスリードに係わる役者たちに重きを置かれ、レギュラー陣の見せ場が少なくなったようです。
(妻は、そう感じたようです)
初見のりゃんひさにとっては、これはさほど感じませんでしたけど。

まぁ、ハナシが二重三重となるうちに演出が停滞してしまったのは否めませんが、橋本一監督、上手くなったなぁ、と思います。
完結篇の趣もあるのですが、それも実はミスリードだったり、なんて思うぐらいの余裕の演出です。

『相棒 劇場版』を観たときと同じぐらい、面白かったです。
ミステリー+ヒューマンドラマという枠組みとスケールが、テレビ朝日ドラマの劇場版として定着しそうな雰囲気もありますね。

評価としてはガンバリも含めて★4つとしておきます。

 

 

------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画24本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)
  日本映画11本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)←カウントアップ

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画23本(うち劇場 0本)
  日本映画 5本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的に、「臨場」はドラマとして終わりになるのが、(たぶん主人公が死にそうだし・・・)もったいない。結構どっしりとしたドラマだったんで、見応えあったんじゃ。
かばくん
2012/09/23 16:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
『臨場 劇場版』: シリーズ未見でも十分楽しめる出来 @ロードショウ・一般劇場 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる