キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ステキな金縛り』: やはりの、三谷幸喜節・・・ @レンタルDVD

<<   作成日時 : 2012/08/19 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


『ラヂオの時間』で監督デビューしたときは、凄いひとが現れた! と思ったものだった、三谷幸喜。
続く作品で少々ガッカリして、『THE 有頂天ホテル』でかなりガッカリしたので、前作は未見です。

で、今回の『ステキな金縛り』。

あぁ、またも才能を無駄に浪費したように思えて、寂しくなりました。

妻殺しの容疑者として捕らえられた冴えない夫。
その容疑者には、当時、アリバイがあった。
東京郊外山間の宿で、落ち武者の霊によって、金縛りにあっていた・・・

おぉ、アリバイ崩しならぬ、アリバイ証明。
漢字で書くと、不在証明証明。

古畑任三郎の真逆の設定、それを法廷物映画にするというのだから期待しますよ。
綿密に練られた隙のない脚本・・・じゃない!

もう、始めのほうから隙だらけ。

山間の宿で、女将が容疑者の夫が自室で寝ていないことを見た?
夫は、夜中にトイレに立った際に間違って、「使われていない」隣部屋へ入って寝た?

へっ? 「使われていない」部屋なんだから、布団は敷いてないよなぁ・・・
このあたりから気になって、仕方がなかった。

その上、落ち武者によるアリバイ証明から、いつの間にか、被害者の霊を呼び出しての証言にハナシがすりかえられて、脚本として反則ではありますまいか。

エンディングもお涙頂戴になっているし・・・
劇中引用される『スミス都へ行く』『素晴らしき哉、人生!』も、同映画を観ていないひとにその映画の素晴らしさが伝わったとも思えないし・・・

またもやガッカリの三谷幸喜節。

とにかく脚本が長すぎて、冗漫。
もっと削って削って削って、練って練って練ってほしいです。

評価は★2つ半としておきます。

 

 

 

 

 

------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画35本(うちDVD、Webなどスクリーン以外13本)
  日本映画12本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 3本)

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画24本(うち劇場 0本)
  日本映画 6本(うち劇場 2本)←カウントアップ
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ご指摘はごもっともで・・・。でも結構楽しく観てしまったんで、わしゃ、好きだよ、この作品。
かばくん
2012/09/23 16:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ステキな金縛り』: やはりの、三谷幸喜節・・・ @レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる