キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『父の初七日』: 台湾版『お葬式』 @レンタルDVD

<<   作成日時 : 2012/10/11 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


初七日というのは、故人が亡くなってから七日経ってなんたらかんたらなる、という仏教の用語です。
ですが、この映画では、単に、亡くなってから七日目ということ。
道教の教えで、故人と家族の暦からその日までは日が悪いということで埋葬が延期されただけにすぎません。
あー、なんだか面倒くさいなぁ、台湾のお葬式って。

まぁ、そんな面倒くさい葬式を出す羽目になったと姉と弟のハナシ。
面倒くさいのは、他にもあって、決められた時間に泣かなければならないとか、日取りが悪いので納棺も三日後だとか。

そんな面倒くさいお葬式の最中に、亡くなった父のことをしみじみと思い出す、そういう映画。

露天商を営む父と、英語も出来て外資系(らしい)会社に勤める娘のそこはかとした物語なので、悪くはないのだけれど、演出が雑。
ビデオ撮りの画面も汚れた感じなのが、印象を悪くしています。

評価は★3つとしておきます。



------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画44本(うちDVD、Webなどスクリーン以外18本)←カウントアップ
  日本映画16本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画25本(うち劇場 0本)
  日本映画 8本(うち劇場 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
日本人と感性が似ているのが台湾人(本省人)。だから、笑いの中にもっとしみじみとした切ない感じが漂う作品かと期待したのですが、残念。
ただ最後に、娘がタバコのことでふと父親を思いだして泣くところや、息子が結局父親の商売を継いで
いるところなど、いいシーンもありましたけれね。
ぷ〜太郎
2012/11/12 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
『父の初七日』: 台湾版『お葬式』 @レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる