キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『毎日がアルツハイマー2』:これからどうなるか、先手を打とう @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2014/07/26 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

先の記事、『毎日がアルツハイマー』のアンコール上映に続いて、続編を鑑賞しました。
副題に「関口監督、イギリスへ行く編」と付いています。
さて、映画。

認知症が進んだ母親・宏子さん。
この先どうなるのかしらん、と心配した関口監督は、介護ケアの先進国イギリスの状況を学びに渡英するのでありました・・・

と、ひとことでいえば、「これからどうなるか、先手を打とう」というアプローチ。
それをまとめた中編(50分)の映画。

得たのは「パーソン・センタード・ケア」という手法。
最近よく耳にする言葉に「病気をみるな、ひとを見よ」というのがあり、その実践編のようなもの。

認知症は、認知機能のすべてが衰えているのではなく、認知すべき対象の一部が欠落していて、その欠落から発する感情(残念だったり、恥ずかしいだったり、怒りだったり)は正常な現われ。
で、一部欠落する対象も患者をひとりのひととみていれば、導き出される。
まずは「ひとりのひと」とみて接していく、ということだそうな。

当たり前といえば当たり前なんだろうが、これはかなり難しい。
親子のように、相手のことを十分(とはいわないまでも、感覚的に)把握していて初めて可能なように感じました。

とはいえ、アプローチ方法が判っただけでも、介護する側の心の持ちようも変わってくるというもの。

さて、今後のふたりからますます目を離せなくなりそうです。

映画の評価としては★3つとしておきます。



------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:50本
 外国映画33本(うちDVDなど 8本)
 日本映画17本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2014年以前の作品:104本
 外国映画80本(うち劇場 3本)
 日本映画24本(うち劇場 4本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
これもよくできた続編だけど、う〜ん、わざわざイギリスまでいく必要があったのだろうかと疑問が・・・・。
ぷ〜太郎
2014/08/18 17:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
『毎日がアルツハイマー2』:これからどうなるか、先手を打とう @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる