キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『A2-B-C』:真実は隠蔽されているのか・・・ @レイバー映画祭

<<   作成日時 : 2014/07/27 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

労働者のための(一致団結しようね、という趣旨)のレイバー映画祭でドキュメンタリー映画の新作が上映されるということで、朝から続けて鑑賞しました。
2作目は『A2-B-C』。
311以降、放射能の危険に曝された福島のいまを、在日外国人の監督が追ったドキュメンタリーです。
ロードショウ公開は今年2014年5月。
公開から2か月しか経ていないピカピカの新作です。
さて、映画。

日本に長らく在住しているトーマス・イアン・アッシュ監督。
関東で東日本大震災を体験し、原発事故が起きた福島ではいま何が起きているのか、それを知りたくて取材に赴く。
取材の中心は伊達市。
子どもを持つ母親、市議を中心にインタビューと実地検分を続けると・・・

えぇぇぇぇ、帰宅可能な地域でも、放射能はいまでも高い。
ビックラこいた。
恐ろべしいぐらい。

除染も0.2マイクロシーベルトを目指そうといながらも、1.0を切ったからいいかとか、
人家の敷地内は除染したが、一歩敷地外へ出ると除染していなかったり。
特に、学校周辺ではひどく、確かに建屋と校庭は除染したが、周囲の塀や通学路は除染されておらず、30を超える放射線が検出されたりしている。

かなり隠蔽工作が働いているようで、なにを信用していいのか判らない、という母親たちの憤り、判ります。

タイトルの「A2」とは、甲状腺異常の状態を示すもので、A1は異常なし、A2は異常を認める(嚢胞あり)、の意味。
さらに悪化すると、B、C(最終的には癌)となる、というもの。

これは子供たちの甲状腺の状態を調べた結果で、多くの子どもたちに「A2」という結果が出ている、ということを表しています。

半減期が8日と比較的短いヨウ素により引き起こされる(とされている)もので、初期対策のまずさが出た、と映画中の市議が発言していました。

これまで東日本大震災を扱ったドキュメンタリーは観たことがなかったのですが、この映画は、かなりショックでした。

評価は★4つとしておきます。

------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:52本
 外国映画33本(うちDVDなど 8本)
 日本映画19本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2014年以前の作品:104本
 外国映画80本(うち劇場 3本)
 日本映画24本(うち劇場 4本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『A2-B-C』:真実は隠蔽されているのか・・・ @レイバー映画祭 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる