キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『黒衣の花嫁』:流麗華麗で乾いたサスペンスを愉しむ @特集上映・単館系

<<   作成日時 : 2014/10/21 00:21   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

有楽町で開催中のフランソワ・トリュフォー映画祭。
その中から1968年製作の『黒衣の花嫁』を鑑賞しました。
トリュフォーがヒッチコック趣味をまる出しにした一編なので、愉しみにしていました。
さて、映画。

謎の美女ジャンヌ・モロー。
巻頭早々、アパルトマンから身投げを図ろうとする・・・
その数年後、真っ白なイブニングドレスをまとって、とある男性の前に現われた彼女。
彼女にはある秘密とある目的があった・・・

と、ストーリーは「復讐の女神」の物語。
ハナシ自体はあまりヒネリはないのだけれど、その見せ方(魅せ方)がトリュフォーのヒッチコック好き・映画好きがよく出ている。

第1の復讐を成し遂げた彼女の白いスカーフがいつまでもいつまでも空を漂っていくシーン。
なんとも流麗華麗。

第2の復讐。
ヴィヴァルディのマンドリン協奏曲が鳴り響く中での非情な復讐。
やや俯瞰気味で彼女と死にゆく男を撮らえた乾いたタッチ。

彼女の秘密と目的を中盤でバラしてしまう脚本。
これはヒッチコックの『めまい』同様。
その際に映し出されるのは、教会の尖塔。
鳴り響くバーナード・ハーマンの音楽も『めまい』を髣髴とさせる。

さらに第4の復讐。
おぉ、復讐される相手が彼女にキューピッドのコスチュームを着けさせるのも、『めまい』の着せ替えシーンを髣髴とさせるし、即物的な復讐結果の見せ方も上手い。

でダメ押しが第5の復讐。
これ、どのように実行するのか観ていて愉しみだったけれど(なにせ相手は刑務所の中)、ほほぉそういう手でしたかぁ。
で、演出も・・・これは巧い!

まぁ、ジャンヌ・モローはとうが経ち過ぎの感もありますし、ジャン=クロード・ブリアリがどうして彼女に気づかないのかしらん、とか気になる点はなきにしもあらずですが、眼をつむっちゃいましょう。

評価は★4つとしておきます。




------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:70本
 外国映画45本(うちDVDなど 8本)
 日本映画25本(うちDVDなど 0本)

旧作:2014年以前の作品:136本
 外国映画110本(うち劇場11本)←カウントアップ
 日本映画 26本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『黒衣の花嫁』:流麗華麗で乾いたサスペンスを愉しむ @特集上映・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる