キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ラブ・パンチ』:麗しき元夫婦の(なんてぇことはない)犯罪コメディ @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2015/06/12 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ちょっと骨のある映画を映画館等で観たので、肩ひじ張らない映画もみたいなぁ、と選んだのがこの作品、『ラブ・パンチ』。
ラム酒ベースのカクテル「ラム・パンチ」だったら、甘いカクテル(飲んだことはないけど)。
クライム・ノベルの巨匠エルモア・レナードの小説にも『ラム・パンチ』って小説があるなぁ(読んだことないけど)。
とにもかくにも、こちらは「ラブ」。
それもピアース・ブロスナンとエマ・トンプソンが元夫婦を演じるクライム・コメディ。
さて、さて。

まもなく定年を迎える会社経営者のリチャード(ピアース・ブロスナン)。
ある日、身売りした会社が詐欺で倒産してしまう。
ありゃぁ、なんじゃ、予期せぬ一大事。
当てにした年金もふいになるし、社員の行く末も心配。
と、その時、別れた妻のケイト(エマ・トンプソン)がいい情報をもたらしてくれた。
乗っ取り会社のトップが時価数億円のダイヤを落札し、今週末の結婚式でそのダイヤを新婦が身に着けるらしい。
よし、ダイヤを頂き、安心した老後と社員の未来を保証しようと行動を開始する・・・

というハナシ。

夫婦(この映画では、元だけど)のおかしな泥棒コメディといえば『おかしな泥棒ディック&ジェーン』(リメイク『ディック&ジェーン 復讐は最高!』)が思い出される。
会社を乗っ取って潰した輩に復讐するというのは、同じ設定ですな。

でも、この映画の方が夫婦(この映画では、元だけど)の年齢設定が、かなり上。
定年間近の初老で、元夫婦というのが笑わせる(特に前半)。

ピアース・ブロスナンもエマ・トンプソンも、かなりいいコンビ。

前半は結構笑わせてくれるのだけれど、後半のダイヤ奪取譚はあまりに雑。

共犯するティモシー・スポールセリア・イムリーも、なかなかいいコンビなのだけれど、脚本の荒さで上手さが殺がれた感じ。

とはいえ、DVDで観るには、のんびりとして悪くない。

評価は★★★(3つ)としておきます。

<追記>
2014年12月に、小規模劇場公開された作品です。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:38本
 外国映画30本(うちDVDなど 5本)←カウントアップ
 日本映画 9本(うちDVDなど 0本)

旧作:2015年以前の作品:63本
 外国映画50本(うち劇場12本)
 日本映画13本(うち劇場 3本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ラブ・パンチ』:麗しき元夫婦の(なんてぇことはない)犯罪コメディ @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる