キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『独裁者と小さな孫』:自らが作り出した地獄巡りへ、ようこそ @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2016/01/02 02:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

2015年最後の劇場鑑賞作品はモフセン・マフマルバフ監督がジョージア(旧国名:グルジア)で撮った『独裁者と小さな孫』。
モフセン・マフマルバフ監督といえば、アッバス・キアロスタミと並んで、80〜90年代のイラン映画界を牽引した名匠。
『サイクリスト』『ギャベ』『パンと植木鉢』などの初期作品も含めて、多くの作品が日本でも公開されており、そのうち半分ぐらいは観たかしらん。
彼の持ち味は、少しすっとぼけたところ。
落語の世界でいうところの「フラ」といいうやつ。
真面目な題材であっても、どことなく滑稽味が感じられる作品が多いのが特徴。
という前置きをして、さて、映画。

独裁政権のとある国。
軍事クーデターで、一瞬のうちに政権は崩壊して、独裁者は幼い孫息子とともに旅芸人に化けて国中を逃げ回る破目になる。
そこで、ふたりが目にしたものは・・・

というハナシ。

ひとことでいうと、自らがつくりだした地獄を経巡る話といえる。
はじめ、独裁者はその地獄に気づかず、最初に逃げ込んだ田舎の貧しい床屋では、床屋の主に対して「お前たちは税金を払わない」と憤っていたりする。
それが、転々と逃げるうちに、3か月も給料をもらっていない軍人たちや、さらには軍人に凌辱されてしまう花嫁などに出遭い、憤ってばかりもいられなくなってくる。
いわば、地獄の亡者のひとりと化していく、といっていいかもしれない。

たしかに、この地獄、はじめに作り出したのは独裁者そのひとなのだけれど、たぶん初めは理想の国だったのだろう。
それが、権力を恣(ほしいまま)にすることで煉獄となり、そして、クーデターにより、無秩序状態となって、真の地獄になってしまった。

独裁者と孫が巡るエピソードを視つづけていくと、あれまぁ、独裁時代のほうがまだ秩序があってマシだったのではないかしらん、とおもうほど。
観ているうちに思い出したのは、ナチス・ドイツ軍によって蹂躙される白ロシアの村を少年が巡っていく『炎628』。
ただし、あの映画ほどの恐ろしさはなく、独裁者と孫に次々と迫る危機も意外なほど、そっけなく切り抜けていくあたりも、それはマフマルバフ監督の持つ「フラ」によるものだろう。

そして、終盤、あっけらかんなほどにこの地獄を断ち切る方法が謳いあげられる。
それは「復讐の連鎖を断ち切るしかない」ということ。
復讐・報復は、復讐・報復しか生まず、秩序や正義などは生み出しはしない、と。

あぁ、そのとおり。
そのとおりです。
こんなにもストレートに謳いあげるとは!

ナイフとピストルによる復讐と報復が、映画的マジックによってパンと植木鉢に替わって、不思議な平和な幸福感をもたらした『パンと植木鉢』と比べるとなんとストレートなことか。
もう、マフマルバフ監督の映画的マジックも通じない世の中になってしまったということかもしれない。

もういちど、マフマルバフ監督の映画的マジックの通じる日が来てほしいものだと切に願う。

評価は★★★★(4つ)としておきます。


------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:133本
 外国映画95本(うちDVDなど20本)←カウントアップ
 日本映画38本(うちDVDなど 7本)

旧作:2015年以前の作品:130本
 外国映画105本(うち劇場18本)
 日本映画 25本(うち劇場 9本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
同監督の「パンと植木鉢」を思い出させますね。この時はまだ余裕があったが、今はそれもない時代になってしまったとばかりに、この監督にしては牧歌的なところがなくリアルです。仕方ないことなのでしょうけれど、少し寂しい気がしました。
ぷ〜太郎
2016/03/19 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
『独裁者と小さな孫』:自らが作り出した地獄巡りへ、ようこそ @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる