キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『映画「続・深夜食堂」』:全体的にすっとぼけていて好感が持てる @試写会

<<   作成日時 : 2016/10/22 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

2009年からテレビで3シリーズ放映した『深夜食堂』の映画化第2弾『続・深夜食堂』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
前作では、「ナポリタン」「とろろご飯」「カレーライス」をネタに3つの小話が描かれましたが、今回は「焼肉定食」「焼うどん」「豚汁定食」の3つ。
消化のよさそうな「とろろ」が前作と比べて、なんだか腹に張りそうなメニューばかり。
大丈夫か・・・
さて、映画。

第1話は、出版社の女性編集者のハナシ。
イライラすると喪服を着て、街へ出かけるという彼女(河井青葉)。
ある日、担当の作家の葬儀の席で、ナイスミドル(佐藤浩市)と出逢い、意気投合。
生活にやる気が出たが、件の男性は全国を渡る香典泥棒だった・・・

というハナシで、のっけから喪服を着て「めしや」に常連が集まるあたりから、笑いが生じる。
今回は、軽い笑いの物語だよ、といっている感じで、肩ひじ張らない姿勢や良し。

第2話は「めしや」近くの蕎麦屋のハナシ。
2代目である亭主を亡くしてから店をひとりで切り盛りする女主人(キムラ緑子)。
20代の息子(池松壮亮)は出前をするのがやっと。
ある日、女主人は「めしや」で40歳近い女(小島聖)と意気投合するが、彼女は息子の恋人だった・・・

というハナシで、キムラ緑子と池松壮亮の演技が見どころ。
少々、過剰なキムラの演技が、笑いを誘う。

第3話は、「来て来て詐欺」に引っかかった老女(渡辺美佐子)のハナシ。

東京で暮らす息子から、急きょ金が必要になったという電話を受けた老女が東京に出てきて、息子の同僚を名乗る男に200万円を渡す。
が、老女は息子と幼い時分に別れたきり・・・

というハナシ。
前作で登場した料亭の女将(余貴美子)とその料亭に引き取られた女料理人(多部未華子)が絡む。
今回の映画の中では、いちばん重めのハナシなんだけれども、それほど深刻にならずに決着する。

前作がテレビの枠からはみ出ず、なんだか映画としては面白みに欠けていたのだけれど、今回は全体的にすっとぼけていて好感が持てる。

なお、オープニングの映像は今年の初夏に撮ったものになっていて、それなりに新たなものを作ろうとする意気込みも感じました。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:94本
 外国映画62本(うちDVDなど 9本)
 日本映画32本(うちDVDなど 5本)←カウントアップ

旧作:2016年以前の作品:96本
 外国映画76本(うち劇場15本)
 日本映画20本(うち劇場 6本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに今回は胸がつかえそうなメニューばかりなのだが、意外や消化がよかった。店主があまりでしゃばらないくらいの方がこのシリーズには丁度いいようですね。
ぷ〜太郎
2016/11/10 01:20
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございます。
先日、前作をテレビで観ましたが、続編の本作の方が面白かったです。たぶん、よりテレビ的になったからかもしれませんが。
りゃんひさ
2016/11/10 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
『映画「続・深夜食堂」』:全体的にすっとぼけていて好感が持てる @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる