キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『手紙は憶えている』:なにがあろうとも「忘れてはならない」 @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2016/11/05 17:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

画像

アトム・エゴヤン監督最新作『手紙は憶えている』、ロードショウで鑑賞しました。
主演はクリストファー・プラマー。
1929年生まれなので、今年87歳になる。
2010年製作の『人生はビギナーズ』で米国アカデミー賞助演男優賞を受賞してから、更なる円熟期に入った感じ。
さて、映画。

認知症を患い、施設で暮らしているゼヴ・グットマン(クリストファー・プラマー)。
90歳になる彼は、一緒に入居した最愛の妻に数か月前に先立たれ、その妻が他界したことも忘れてしまうような情況にあった。
ただし、彼には、かつてアウシュビッツに収容され、家族を殺された記憶があった。
同じ施設で暮らすマックス(マーティン・ランドー)も同様の経験をしていた。
ふたりの家族を殺したナチスの看守が「ルディ・コランダー」と名を変えて生き延びていることを知ったマックスは、動けなくなった自分の代わりにゼヴに復讐を託す。
そして、ゼヴの記憶を補うように、復讐の要領を手紙に書き留めていた・・・

というところから始まるハナシは、その後、4人の容疑者「ルディ・コランダー」がいること、そのなかに復讐すべき相手がいることが判明してくる。

とにかく、異様な迫力である。
これは、ひとえにクリストファー・プラマーの名演による。

90歳という高齢の老人は、素早く動けない。
ひとつひとつの行動・挙動がゆっくりとならざるを得ない。
それが、70年の歳月をかけてでも、復讐を遂げたいという執念につながってくる。

これは、車いすに乗り、呼吸器をつけたマーティン・ランドーも、同じである。
さらに、容疑者を演じるのも、ブルーノ・ガンツ、ユルゲン・プロフノウ、ハインツ・リーフェンとこちらも高齢の名優たち。
中でも、出番は少ないながらも、同性愛者を演じたハインツ・リーフェンが、哀しい。
また、亡き父と同じくナチ信奉者となった中年男性が登場するエピソードは、かなり恐ろしい。

第二次大戦から70年以上も経ち、当事者たちは超高齢になってしまった。

過去の悲劇・人間が犯した罪は、なにがあろうとも「忘れてはならない」。
エンディングではじめて映し出される原題「REMEMBER」は、そういう意味だろう。

95分という短い尺ながらも、スリルとメッセージが効いた秀作である。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

<追記>
脚本はベンジャミン・オーガストというひとで、これが劇場用映画初作品。
デビルズ・ノット』の時にも感じたが、アトム・エゴヤン監督は、自分が書いた脚本を監督するより、他人の脚本を演出するほうがいい作品になることが多いですね。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:103本
 外国映画68本(うちDVDなど10本)←カウントアップ
 日本映画35本(うちDVDなど 5本)

旧作:2016年以前の作品:98本
 外国映画77本(うち劇場16本)
 日本映画21本(うち劇場 7本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「手紙は憶えている」
監督アトム・エゴヤンという人物は…。いや、私ごときが大上段に構えて「論」をぶつつもりはさらさらないのだけれど、アトム・エゴヤンという人物は、本当に凄い。ホロコースト(ユダヤであれアルメニアであれ)の被虐者の心理を描くのが、凄まじく巧みだ。この作品はネタバレしては絶対にいけない作品なので、詳細は省くが、判ったことは…。被虐者の怨念は永遠に残り、怨讐は留まる事を知らないという事だけは憶えておいた方がいい、ということだ。とはいえ、どういう展開だか少しだけ触れると、とある介護療養施設に入所している年老い... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/11/28 13:06
手紙は憶えている
最愛の妻ルースが死んでも、90歳のゼヴはそれすら覚えていられないほど、もの忘れがひどくなっていた。 ある日彼は、同じ介護施設で暮らす友人マックスから「約束を果たして欲しい。」と、手紙を託される。 2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。 その兵士ルディ・コランダーは身分を偽り、今も生きているという。 体が不自由なマックスを施設に残し、ゼヴは一人で復讐の旅に出る…。 サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2016/12/03 13:56
忘れた記憶の真実は・・・
18日のことですが、映画「手紙は憶えている」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2017/02/24 00:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
見ごたえのある作品でした。オチは途中で薄々感づくのですが、それでも想像しなかった展開も多だあり、さすが、エゴヤンといった感じです。
ぷ〜太郎
2016/11/09 12:25
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございます。
最近のアトム・エゴヤン監督作品では、出色の出来だったと思います。
演技陣の貢献によるところ多し、ですが。
りゃんひさ
2016/11/10 22:25
こんにちは。
これは原題「REMEMBER」そのままでも良かったかもしれませんね。
ともかく、ずっしりとした衝撃的なラストでした。
ここなつ
2016/11/28 13:08
ここなつさん、コメントありがとうございました。
衝撃度はかなりのものでしたね。
ネタバレ厳禁映画なので、レビュー書くのが難しかった・・・
ことしのマイベスト映画の1本です。
りゃんひさ
2016/11/29 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
『手紙は憶えている』:なにがあろうとも「忘れてはならない」 @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる