キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『恋妻家宮本』:コミュニケーション不足の夫婦のドタバタ劇 @試写会

<<   作成日時 : 2017/01/28 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

阿部寛、天海祐希主演の『恋妻家宮本』、レビューアップします。
鑑賞したのは一足も二足も早い昨年夏ごろ。
なので、細部は少々うろ覚えですが・・・
さて、映画。

中学校教師の宮本陽平(阿部寛)。
結婚して20数年。
自分では、仲睦まじい夫婦だと思っていたけれど、ある日、書棚に並んだ本の間から、妻・美代子(天海祐希)が書いた離婚届を見つけてしまった・・・

というところから始まる話は、まぁ、早いハナシがコミュニケーション不足の夫婦のドタバタ劇。
なかなか物事を決められない夫と、なんでもテキパキと決めていく妻、その対比で笑わせていくもの。

なんだけれど、うーむ、ステレオタイプ過ぎて困っちゃった。

阿部寛の夫像もこれまで彼が何度も演じてきた不器用な男性像だし、天海祐希の妻像に至ってはテレビコマーシャルの威勢のいい女性像のまんま。
そんな彼女が、実は、近頃少し変化してきた夫に対して不安が昂じて・・・という微妙なところは描けていない。
夫も然りだが。

テレビでのんびりと観る分には心地よい感じの映画だけれど、映画館の大画面で繊細な夫婦像を観たいこちらとしては、演出も含めてうざったかったです。

脚本・監督はテレビドラマ『家政婦のミタ』の遊川和彦
そういえば、このひとのドラマ、観たことなかったような・・・

全編の評価は★★☆なんだけれど、エンドクレジットでカーテンコールのように出演者全員で『今日までそして明日から』を歌うシーンが抜群にいいので、★★★(3つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:10本
 外国映画 9本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 1本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2017年以前の作品:8本
 外国映画 6本(うち劇場鑑賞 3本)
 日本映画 2本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『恋妻家宮本』
□作品オフィシャルサイト 「恋妻家宮本」□監督・脚本 遊川和彦□原作 重松 清(「ファミレス」)□キャスト 阿部 寛、天海祐希、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加■鑑賞日 1月28日(土)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2017/02/11 08:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね、TVで観るくらいの作品ですかね。遊川和彦は、どうも奇をてらったことが多くて、好みではありません。
おすもうさん
2017/03/26 18:32
おすもうさん、コメントありがとうございました。
どうしても、テレビドラマって感じは否めませんでしたね。
りゃんひさ
2017/03/27 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
『恋妻家宮本』:コミュニケーション不足の夫婦のドタバタ劇 @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる