キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ムーンライト』:ウォン・カーウァイを彷彿させる切ない語り口 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2017/04/02 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

本年度米国アカデミー賞作品賞受賞の『ムーンライト』、ロードショウで鑑賞しました。
米国マイアミの貧困地区に育ったひとりの黒人少年の物語。
自分のアイデンティティを探し、愛を探す物語。
さて、映画。

米国マイアミの貧困地区。
近所では麻薬が横行し、シャロンの母(ナオミ・ハリス)も常習者。
まっとうな職もなく、その日その日、からだを売ってしのいでいる有様。
そして、リトルと呼ばれる10歳のシャロンは、近所の子どもたちからいじめられている。
そんな彼を救ってくれたのは、ふたり。
麻薬密売人のフアン(マハーシャラ・アリ)と、友人のケヴィン。

ある夜、フアンは、シャロンを伴った砂浜で、昔のことを語る。

俺は、むかし、ブルーと呼ばれていた。
それは、近所のばあさんが「月の光の下でお前をみると、ブルーに見える」って言っていたからだ・・・

とそんなところから始まる物語。

その後、シャロンの口から、いじめられている理由がフアンに告げられる。
ぼくはオカマ? と。

フアンはいう。
それは、ゲイに対する蔑称だ、と。

ここまでは、導入部で、いわば説明的。
映画として面白いのかどうのかを、観る側としても探っている感じ。

前知識がなければ、このエピソードの最後に明かされるシャロンの告白は、かなり衝撃的。
逆に言えば、前知識が邪魔して、この10歳の頃のエピソードが、説明に観えてしまい、退屈するかもしれない。

映画はその後、高校生時代のシャロン、20代のシャロンを描いていく。

高校生時代のシャロン(アシュトン・サンダーズ)は、みるからにひ弱でなよなよしており、いじめの対象。
付き合ってくれるのは、昔からの友人ケヴィン(ジャハール・ジェローム)。
ふたりはある夜、浜辺で愛撫に及ぶが、その後、ケヴィンに裏切られてしまう。

このときの夜の浜辺のシーンは、衝撃的だが、切なくもある。

20代のシャロンのシャロン(トレヴァンテ・ローズ)は、ブラックと呼ばれるトップクラスの麻薬売人。
マッチョな筋肉の鎧をまとって、マイアミを離れて、アトランタでのし上がってきた。
対するケヴィン(アンドレ・ホランド)は、マイアミでダイナー(食堂)をやっている。
ふたりが会うのは、ケヴィンに裏切られて以来・・・

この20代のエピソードは、いかついシャロンの外見とは裏腹に、とても切ない。
自分のアイデンティティを探し、愛を探していた孤独な少年が辿りついた安らぎの場所。

そして驚くのは、このエピソードの撮り方が、過去の映画によく似ていること。

ウォン・カーウァイの諸作品を思わせる。
特に『ブエノスアイレス』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の2作品。
音楽の選曲(『ククルクク・パロマ』!)、ダイナーの雰囲気。
入口のベルがチリンと鳴り、音楽が入るそのタイミング。
おお、ウォン・カーウァイ!と思ってしまう。

この語り口に酔わされた。

いやもう、黒人だ、貧困だ、マッチョだ、麻薬だ、なんてどうでもいい。
酔わされてしまったのだから。

そして、最後のワンカット。
月の光に照らされる、10歳のシャロン。
ブラックの彼は、ブルーに見える。
ブルー、それは哀しみの色・・・

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:25本
 外国映画21本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ
 日本映画 4本(うちDVDなど 0本)

旧作:2017年以前の作品:30本
 外国映画26本(うち劇場鑑賞 8本)
 日本映画 4本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウォン・カーウァイですか。言われればそうかなとは思いますが、内容が、人物の心に添って進んでいないので、中途半端な感じです。「ブエノスアイレス」なんてすご〜く心に染みたのに、それがこの作品にはないですね。
ぷ〜太郎
2017/06/29 16:49
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございました。
正直、『ブエノスアイレス』の域には達していないなぁ、と思いますが、それでも米国でこのセンスが評価されたのは喜ばしいことです。
りゃんひさ
2017/07/01 14:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ムーンライト』:ウォン・カーウァイを彷彿させる切ない語り口 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる