キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』:ジョン・フォードの男たちを彷彿とさせる男泣き @ロードショウ・シ

<<   作成日時 : 2017/05/13 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

画像

本年度米国アカデミー賞の主演男優賞とオリジナル脚本賞を受賞した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、ロードショウで鑑賞しました。
謳い文句は「癒えない傷も、忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。」
ということならば、男の再生の物語なのか、と思いつつ・・・。
さて、映画。

米国ボストンでアパートの管理人(というか雑役夫)をして、ひとり暮らしているリー(ケイシー・アフレック)。
彼のもとに一本の電話が入る。
かねてから心臓を病んでいた兄ジョー(カイル・チャンドラー)が突然亡くなったという。
故郷である海辺の町マンチェスターに戻ったリーであったが、彼にとってその町は忘れることのできない苦い経験のある町だった・・・

というところから始まる物語で、映画前半で、リーの過去のも描かれ、兄の息子、16歳のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人になることが兄の遺言で示され、どうしてよいかわからなく行き詰まってしまうリーの姿が、その後描かれていく。

非常に丁寧の撮られているのだが、小説でいえば短編小説といったところ。

自分も兄も家庭は崩壊している(兄の方は、それほどでもないのだが)。
かてて加えて、ふたりの叔父もネブラスカかどこかに移り住んでいる(映画には一切出てこない)。

そんなバラバラな家族の物語で、これが最後にうまくまとまるかというとそんなことはない。
現実的な着地点を見出すが、安易に「再生」というところにはもっていかない。
そもそも、そんな「再生」なんてことは、監督・脚本のケネス・ロナーガンは信じていない。

なので、非常に新しいタイプの映画のようにも思えるが、そうでもなく、アメリカンニューシネマ以前の古いタイプのアメリカ映画のような感じを受ける。
具体的には、どの作品に似ていると指摘できないのだが、事件が起きる前のリーの生活は、男友だちとワイワイガヤガヤやっており、その後、孤独になってからは、直情的に酒場で殴り合いをやってしまう。
この人物設定は、ジョン・フォードが好んで描いたアイルランド人に似ている。

映画の主人公リーとジョーのチャンドラー兄弟のチャンドラーがアイリッシュ系の名前なのかはよくわからないが、兄役のカイル・チャンドラーはアイリッシュな風貌。
調べてみると、監督・脚本のケネス・ロナーガンも父方はアイルランド人だそうな。
なるほど、合点がいった。

最後の最後に、自分にはあの出来事は乗り越えることができない・・・と告白するリーには、かなり胸が熱くなった。

とはいえ、137分の尺は長すぎて、全体的にまだるっこい。
小説でいえば短編小説の内容なのだから。

ということで、評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:34本
 外国映画27本(うちDVDなど 4本)←カウントアップ
 日本映画 7本(うちDVDなど 0本)

旧作:2017年以前の作品:35本
 外国映画29本(うち劇場鑑賞 9本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マンチェスター・バイ・ザ・シー
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を渋谷シネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/05/30 21:37
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
叔父と甥の会話(言い合い)が、なかなか笑える。ユーモアがあっていい。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/07/07 07:18
マンチェスター・バイ・ザ・シー
ボストン郊外で便利屋をしている男リー・チャンドラーの元に、兄ジョーが倒れたという知らせが入る。 故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーへ戻ると既に兄は死亡しており、リーは一人になった16歳の甥パトリックの後見人に指名されていた。 パトリックは父の家で暮らすことを望むが、過去の悲劇から立ち直れないでいるリーは、パトリックをボストンへ連れていくつもりだった…。 ≪心も涙も、美しかった思い出も。 すべてを置いてきたこの街で、また歩きはじめる―≫ ...続きを見る
象のロケット
2017/07/09 15:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
この作品、「乗り越えられない」とリーが認める所が胸に迫るものでした。
大切な甥と共に暮らすことを選択することができない。それほどまでの事実だったのですよね。
ケイシー・アフレックの演技もとても良かったと思いました。
ここなつ
2017/05/20 16:51
ここなつさん、コメントありがとうございました。
乗り越えられないものがあることを認めることはつらいが、認めることで少し心の荷は軽くなる、そこいらあたりを描いた秀作、と思いました。
ケイシーは、兄のベン・アフレックより演技者としては確実に上だとも思いました。
りゃんひさ
2017/05/20 20:50
う〜ん、う〜ん・・・。この作品、高評価の人が多いのだけれど、私はイマイチで、期待が高かった分、落胆も大きかったです。余りに説明しすぎているせいか、胸にせまってくる迫力が感じられず、言いたいことはわかるんだけれどね、という状態。町に残っていた寡黙な兄が、何を思って日々過ごしていたのか、そっちの方に関心がいってしまいました。
ぷ〜太郎
2017/06/29 17:25
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございました。
町に残り、先に逝ってしまった兄さんが、陰の主役でしょうね。映画としては、ちょっと語りすぎですね。
りゃんひさ
2017/07/01 14:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』:ジョン・フォードの男たちを彷彿とさせる男泣き @ロードショウ・シ キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる