キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パラノーマン ブライス・ホローの謎』:未知への恐怖、という今日的は主題もあり @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2017/12/15 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の製作スタジオによる『パラノーマン ブライス・ホローの謎』、DVDで鑑賞しました。
製作されたのは2012年。
翌年、日本でも劇場公開されていたようですが、全然知りませんでした。
さて、映画。

米国の田舎町ブライス・ホローに暮らす少年ノーマン。
彼には特殊能力があった。
それは、死者が見え、話ができるというもの。
そんな特殊能力のせいで、ノーマンは学校でイジメにあっていた。
そんなある日、ノーマンにある使命を残して伯父さんが急死してしまう。
死んだ伯父さんから託された使命は、300年前に封印された魔女の霊が何年かに一度蘇ってくる、それを封印してほしい、というものだった・・・

というところから始まる物語で、『シックス・センス』に似たテイストのような感じ。

その後、物語は、墓場からどんどんと死者が甦り、町中をうろつくようになり、恐怖を感じた住民たちは甦った死者たちを滅ぼそうと躍起になり、町は騒然となってしまう・・・と展開していきます。

と後半になってくると、未知の恐怖に対する無理解な暴力・パニックという主題も前面に押し出されて、今日的であると同時に、1931年版の『フランケンシュタイン』でも同じような描かれ方があったことも思い出し、普遍的でもある。

興味のストップモーションアニメも、当然のことながら素晴らしいけれど、造形自体がCGでつくられたものと似通っているので、そこいらあたりちょっと損をしているように思いました。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:99本
 外国映画73本(うちDVDなど22本)
 日本映画26本(うちDVDなど 3本)

旧作:2017年以前の作品:67本
 外国映画59本(うち劇場鑑賞13本)←カウントアップ
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『パラノーマン ブライス・ホローの謎』:未知への恐怖、という今日的は主題もあり @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる