キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『gifted/ギフテッド』:法廷闘争が目新しい親子についての映画 @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2018/01/11 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2018年2本目の映画は『gifted/ギフテッド』。
昨年11月の公開以来評判を呼んで、年を越しても続映中とのこと。
ならば、この機会に、と思い、大阪の単館系劇場で観ることにしました。
さて、映画。

米国フロリダの小さな町で暮らす7歳の少女メアリー(マッケナ・グレイス)。
一緒に暮らしているのは叔父のフランク(クリス・エヴァンス)と片目の猫フレッド。
メアリーには類まれなる数学の才能があるが、フランクはごく普通の生活をしようと努力している。
というのも、メアリーの母であるフランクの姉も天賦の才があり、数学史上未解読の難問に取り組んでいたが、メアリーを産んですぐに自殺してしてしまい、その間際に姉はメアリーの養育をフレッドに無言で託したのだった・・・

というところから始まる物語で、その後、メアリーの行方を追っていた祖母イブリン(リンゼイ・ダンカン)がふたりの前に現れ、メアリーの養育を巡って、フレッドと対立し、遂には養育権を巡ってのイブリン(原告)vs.フレッド(被告)の法廷闘争となっていく。

天才少女との親子関係を描いただけならば、それほど目新しいものではないと思うのだけれど、それが法廷闘争にまで発展するのは珍しい。
さらに、中盤のほとんどを法廷場面が占めるとなると、なおさら。

個人的は、この法廷シーンが興味深かった。
是が非でもメアリーの養育権を手に入れ、娘が果たせなかった難問解読に取り組ませようとする祖母イブリンの執念・執着。
その執念・執着が、娘を死に追いやったとは気づかないあたりが、恐ろしくもあり、哀しくもある。

メアリーとフランクの親子関係と、イブリンと自殺したメアリーの母との親子関係が二重写しになってくるあたり、映画に深みを与えている。

とはいえ、どことなく軽く薄い感じもしてしまう。

(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督の演出は手堅いが、フランクとメアリーの担任教師ボニー(ジェニー・スレイト)との関係などはコミックリリーフとしても、ちょっと軽すぎるような感じ。
ここいらあたりは、良くも悪くも、(手慣れた)佳作を連発するFOXサーチライトの(手慣れた)製作で出ているように思いました。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:1本
 外国映画 1本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:1本
 外国映画 1本(うち劇場鑑賞 1本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『gifted/ギフテッド』:法廷闘争が目新しい親子についての映画 @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる