『薄氷の殺人』:石井隆原作の日活ロマンポルノ群を彷彿とさせる @DVD

2014年製作の中国・香港合作映画『薄氷の殺人』、DVDで鑑賞しました。 新作『鵞鳥湖の夜』が公開されるディアオ・イーナン監督作品。 新作の方の予告編をみて気になったので、前作を予習しておこうというものです。 さて、映画。 1999年の夏、中国華北地方で複数の石炭工場からバラバラ死体が発見される。 捜査に当った刑事のジ…
コメント:0

続きを読むread more

『窮鼠はチーズの夢を見る』:全体的にやりすぎ感が強いね @ロードショウ

行定勲監督最新作『窮鼠はチーズの夢を見る』、ロードショウで鑑賞しました。 鑑賞してからしばらく経っているのだけれど、その間、感想をどうまとめるかちょっと考えていました。 さて、映画。 一流企業で働く20代後半の大伴恭一(大倉忠義)。 ある日、会社のロビーに大学の後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)が立っていた。 「いまは興信所で調…
コメント:2

続きを読むread more

『太平洋の嵐』:日本側から見たミッドウェイ敗戦記 @DVD

1960年製作の日本映画『太平洋の嵐』、DVDで鑑賞しました。 本編タイトルにはありませんが、ポスターには「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦」のサブタイトルが付されています。 先にロードショウで観たローランド・エメリッヒ監督『ミッドウェイ』との見比べ鑑賞です。 さて、映画。 日本海軍の偵察士・北見中尉(夏木陽介)が主人公。 …
コメント:0

続きを読むread more

『ミッドウェイ』ローランド・エメリッヒ監督:米国側から見たミッドウェイ戦勝記 @ロードショウ

昨年世界各国でロードショウされたローランド・エメリッヒ監督『ミッドウェイ』、ロードショウで鑑賞しました。 日本での公開が1年遅れたわけですが、理由はいろいろありそうです。 さて、映画。 米国の対日石油禁輸措置がとられれていた1941年。 日本は打開措置として12月7日(日本時間12月8日)にハワイ真珠湾の基地及び米国艦隊…
コメント:2

続きを読むread more

『明日に処刑を・・・』:ラストショットはスコセッシ監督のベストショットではないか @録り置きビデオ

御大マーティン・スコセッシ監督の長編第2作『明日に処刑を・・・』、録り置きビデオで鑑賞しました。 録り置きビデオ? VHSテープです。 うわ、古! 録画したのは1996年。まさに前世紀の遺物ですね。 さて、映画。 1930年代、大不況真っただ中の米国。 貧しい農夫の娘バーサ(バーバラ・ハーシー)は、父が農薬散布の飛行…
コメント:0

続きを読むread more

『海の上のピアニスト イタリア完全版』:船を降りないことがストンと腑に落ちました @ロードショウ

ここのところの映画館での鑑賞は旧作に食指が動くことが多いです。 今回はジュゼッペ・トルナトーレ監督1998年製作の『海の上のピアニスト』イタリア完全版です。 第二次大戦も終わり、しばらく経った頃。 英国の港に近いある町の楽器店にトランペットを売りに来たひとりの男(プルイット・テイラー・ヴィンス)がいた。 彼が、最後の思い…
コメント:2

続きを読むread more

『シチリアーノ 裏切りの美学』:スカッとするところが皆無の実録物 @ロードショウ

久しぶりに映画館での新作鑑賞です。 作品はマルコ・ベロッキオ監督最新作の『シチリアーノ 裏切りの美学』。 前置きなしで、さて、映画。 1980年代のイタリア・シチリア。 マフィア間では麻薬取引から抗争が激化し、新旧世代の入れ替わりの時期でもあった。 一兵卒からのたたき上げトンマーゾ・ブシェッタ(ピエルフランチェスコ・フ…
コメント:2

続きを読むread more

『第七機動部隊』:特撮ではない生の戦闘・記録映像が見どころ @DVD

買い置きDVDの鑑賞です。今回は1952年製作の戦争映画『第七機動部隊』です。 ビリー・ワイルダー監督の『第十七捕虜収容所』目当てで中古購入したセットものの1枚。 以前鑑賞した『三人の狙撃者』もその中の1枚でした。 さて、映画。 太平洋戦争真っただ中の空母プリンストン。 現在は任務から離れ、太平洋上で訓練を行っていると…
コメント:0

続きを読むread more

ミス・マープル『バートラム・ホテルにて』『スリーピング・マーダー』@DVD

1980年代半ば~90年代はじめに製作されたジョーン・ヒクソンによる「ミス・マープル」シリーズを順に観ていますが、今回は2本。 これで終了です。 まずは『バートラム・ホテルにて』。 原作ではシリーズ10作目。ドラマ制作では7作目にあたります。 甥レイモンドの計らいで、ロンドンの格式あるバートラムホテルに滞在することになっ…
コメント:2

続きを読むread more

『真夜中の記憶』:かなり切ってサスペンス重視にしたのは正解かな @DVD

買い置きDVDの鑑賞です。作品はシドニー・シェルダンのベストセラー小説『明け方の夢』をテレビドラマ化した『真夜中の記憶』です。 ベストセラーと名高いシドニー・シェルダンですが、映画化作品は少なく、『真夜中の向う側』『華麗なる血統』ぐらいしか映画作品はありません。 たぶん原作が上下2巻ぐらいの長さなので、映画にする際の脚色が難しい…
コメント:0

続きを読むread more

ミス・マープル『パディントン発4時50分』『鏡は横にひび割れて』『カリブ海の秘密』@DVD

1980年代半ば~90年代はじめに製作されたジョーン・ヒクソンによる「ミス・マープル」シリーズを順に観ていますが、今回は3本まとめてレビューです。 まずは『パディントン発4時50分』。 原作ではシリーズ7作目。ドラマ制作では8作目にあたります。 マープルの旧友マクギリカティ婦人がパディントン発4時50分の急行列車に乗り…
コメント:2

続きを読むread more

『血ぬられた墓標』『血みどろの入江』:イタリア怪奇映画の父マリオ・バーヴァを観る @特集上映

前回の『ザ・ゴーレム』に続いてホラー映画です。 『血ぬられた墓標』『血みどろの入江』』、いずれも監督はイタリア怪奇映画の父マリオ・バーヴァです。 日本での劇場公開本数は少なく、バーヴァの名前を知ったのは? 遺作の『ザ・ショック』公開の1979年でしょうか(その後、テレビシリーズ1エピソードを監督しています)。 息子のランベルト・…
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・ゴーレム』:新解釈で見応えのあるユダヤ民俗ホラー @DVD

昨年秋の「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」で小規模ロードショウされた『ザ・ゴーレム』、DVDで鑑賞しました。 製作は珍しやイスラエル。ですが、セリフは全編英語です。 さて、映画。 17世紀、バルト海に近いリトアニアの地、ユダヤ人の一団がこの地に移ってきた。 彼らは人里離れた地を選んでいたが、最も…
コメント:1

続きを読むread more

『ブレッドウィナー』:過酷なタリバン支配下のアフガニスタン @DVD

昨年秋にロードショウされたアニメ『ブレッドウィナー』、DVDで鑑賞しました。 アイルランド、カナダ、ルクセンブルクの合作ですが、舞台はタリバン支配下のアフガニスタン。 世界的ベストセラー児童文学『生きのびるために』が原作だそうですね。 さて、映画。 タリバン支配下のアフガニスタンの首都カブール。 そこに暮らす11歳の少…
コメント:2

続きを読むread more

ミス・マープル『動く指』『予告殺人』『魔術の殺人』『ポケットにライ麦を』@DVD

1980年代半ば~90年代はじめに製作されたジョーン・ヒクソンによる「ミス・マープル」シリーズを順に観ていますが、今回は4本まとめてレビューです。 まずは『動く指』。 原作ではシリーズ3作目。ドラマ制作では10作目にあたります。 英国の田舎町リムストンに、差出人不明の怪文書が出回っていた。 文書の内容は、いずれも不道…
コメント:2

続きを読むread more

『二百三高地』:勝ち戦を題材にしての堂々たる反戦映画 @劇場再上映

東映本社のビル1階及び地下の封切り劇場では、コロナ禍で封切り作品を延期している影響で、旧作のデジタル上映が行われています。 ひと月ほど前に、今村昌平監督の『楢山節考』に鑑賞しましたが、今回は『二百三高地』、1980年製作の3時間を超える大作です。 公開当時、コテコテの軍国主義映画との批判があったと記憶していますが・・・ さて、…
コメント:0

続きを読むread more

『ナンシー』:人づきあいは苦手でも、愛してくれる誰かは欲しい @DVD

ことし年初に開催された「未体験ゾーンの映画たち2020」で上映された外国映画『ナンシー』、DVDで鑑賞しました。 レンタル店ではサスペンスの棚に分類されていましたが・・・ さて、映画。 パーキンソン病の母親と貧しいふたり暮らしのナンシー(アンドレア・ライズボロー)。 人づきあいは苦手なのだが、他人の関心は集めたいという思…
コメント:2

続きを読むread more

『ダンサー そして私たちは踊った』:出口のない社会を背景に、遅れてやってきた青春の映画 @DVD

ことし2月にロードショウされた外国映画『ダンサー そして私たちは踊った』、DVDで鑑賞しました。 スウェーデン、ジョージア、フランスの合作映画で、米国アカデミー賞国際長編映画賞部門スウェーデン代表となった作品。 この3国の組み合わせ、どういう経緯だったのかしらん。 さて、映画。 ジョージアの首都トビリシにある国立舞踊団。…
コメント:4

続きを読むread more

『mellow メロウ』:恋はまだまだ未熟で、思考停止する主人公 @DVD

『his』に続いて、同じく今泉力哉監督の『mellow メロウ』、DVDで鑑賞しました。 今回は、今泉監督自身によるオリジナル脚本。 さて、映画。 30代の男性・夏目(田中圭)がひとりで営む、町の小さな花屋mellow。 姉に頼まれて、時折、不登校気味の小学生の姪の面倒をみることがある。 夏目には行きつけの古いラーメン…
コメント:4

続きを読むread more

『his』:丁寧な演出に惹かれる秀作 @DVD

ことし1月にロードショウされた『his』、DVDで鑑賞しました。 監督は『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉。 さて、映画。 岐阜県の田舎の村でひっそりと一人で暮らしている迅(宮沢氷魚)。 田舎へ来た理由は、ゲイであることを知られるのを恐れてのことだった。 ようやく田舎暮らしも馴染んできたころ、8年…
コメント:4

続きを読むread more