アクセスカウンタ

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

プロフィール

ブログ名
キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど
ブログ紹介
小学生のときに『がんばれ! ベアーズ』を観て以来の映画ファン。
劇場、DVDを問わず、観た映画をほぼリアルタイムで感想などを記録する目的で開設しております。
アクション・エンタテインメント系より、シリアス・コメディ問わずドラマを中心に鑑賞。
(2016.09.21改訂)

《記事分類要領》
@大分類
 「外国映画レビュー」「日本映画レビュー」 「テレビドラマレビュー(国内・海外の区分なし)」
 「映画雑感」「」「その他」。
A映画 詳細分類
a) 年代別⇒必ず設定しています 右サイドの簡単操作から選択可能
b) 以下はいずれかを設定 (タグ数制限(最大3つ)があるため)
ジャンル 左サイドから選択可能劇場未公開お気に入りの監督・作家 右サイドの簡単操作から選択可能
(2016.09.21改訂)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『ルシアンの青春』:誰もがナチスに反旗を翻していたわけではない、苦い青春譚 @DVD
『ルシアンの青春』:誰もがナチスに反旗を翻していたわけではない、苦い青春譚 @DVD ルイ・マル監督の1973年作品『ルシアンの青春』、買い置きDVDで鑑賞しました。 ルイ・マル監督といえば、はじめて出逢ったのはモーリス・ロネ主演の『鬼火』。 その後、『プリティ・ベビー』や旧作『死刑台のエレベーター』『地下鉄のザジ』『アラモベイ』などを観、一筋縄でいかない、多彩なフィルモグラフィなのに、どこか近寄りがたい感じがする監督でした。 その思いは現在もかわらないのですが、それでも過去作品を観たいと思い、いくつかの作品はDVD購入しています。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/25 21:53
『おとなの恋は、まわり道』:延々としゃべるだけの恋愛映画 @DVD・レンタル
『おとなの恋は、まわり道』:延々としゃべるだけの恋愛映画 @DVD・レンタル 昨年12月にロードショウされた『おとなの恋は、まわり道』、DVDで鑑賞しました。 主演はキアヌ・リーヴスとウィノナ・ライダー。 4度目の共演らしいが、先の3作って・・・? 気になったので調べてみると『50歳の恋愛白書』『スキャナー・ダークリー』『ドラキュラ』でした。 1992年製作のコッポラ監督『ドラキュラ』しか観ていない。 雰囲気的には、両者主役のガチンコ共演は本作が初ではありますまいか。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/25 16:36
『ザ・バニシング 消失』:純正サイコパス映画とはこうういうもの @ロードショウ・単館系
『ザ・バニシング 消失』:純正サイコパス映画とはこうういうもの @ロードショウ・単館系 ことし四月にロードショウ公開された80年代映画『ザ・バニシング 消失』、観れないかもと思っていましたが、意外にも、近くの映画館までやってきました。 1週間だけの上映なので、とにかく足を運びました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/24 22:41
『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』:主役女優の魅力がタップリたっぷり @DVD
『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』:主役女優の魅力がタップリたっぷり @DVD 昨年公開された映画の落穂ひろい。 今回は『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』。 日本語吹替え版での鑑賞です、 なお、12月末公開なので、新作扱いです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/23 08:23
『生きてるだけで、愛。』:殻も白身もない卵の黄身だけみたい @DVD・レンタル
『生きてるだけで、愛。』:殻も白身もない卵の黄身だけみたい @DVD・レンタル 昨年公開された映画の落穂ひろい。 今回は『生きてるだけで、愛。』。 あ、句点「。」が続いてしまう・・・ 気になる・・・ が、\(。』。)/ とでもしておきましょう。 原作は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の本谷有希子。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/20 15:03
『ビブリア古書堂の事件手帖』:過去の物語を映像化してみせる脚本には工夫がないかも @DVD・レンタル
『ビブリア古書堂の事件手帖』:過去の物語を映像化してみせる脚本には工夫がないかも @DVD・レンタル 昨年公開された映画の落穂ひろい。 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖』をDVDで鑑賞しました。 同名小説のシリーズだそうで、たしか、書店の店頭でも見かけたことがありました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/20 14:33
『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』:倍賞と藤が紡ぐ極上な夫婦像だが @ロードショウ・シネコン
『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』:倍賞と藤が紡ぐ極上な夫婦像だが @ロードショウ・シネコン 倍賞千恵子と藤竜也主演の『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』、ロードショウで鑑賞しました。 で、気づいたのですが、なんと、これが今年(2019年、令和でなく)はじめて観る日本映画の新作。 うーむ、よっぽど食指が動かなかったのか・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/18 12:04
『トゥルーへの手紙』:戦争と平和と犬(とダーク・ボガード) @DVD
『トゥルーへの手紙』:戦争と平和と犬(とダーク・ボガード) @DVD 2004年製作のドキュメンタリー映画『トゥルーへの手紙』、買い置きDVDで鑑賞しました。 ポスターやDVDパッケージにはタイトルにあるゴールデンレトリバー犬トゥルーのアップ写真が用いられているので、てっきり犬の映画かと思って、安価購入しておいたものです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/17 11:29
『華麗なるヒコーキ野郎』:嗚呼、男って馬鹿だなぁ @DVD
『華麗なるヒコーキ野郎』:嗚呼、男って馬鹿だなぁ @DVD ジョージ・ロイ・ヒル監督の1975年製作『華麗なるヒコーキ野郎』、DVDで鑑賞しました。 主演はロバート・レッドフォード。 とくれば『明日に向って撃て!』『スティング』をすぐに思い出すわけですが、この映画も両作品に並ぶ秀作・傑作です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/16 15:23
<回想録>80年代 大阪の映画館 <新世界、トビタ、吹田>
<回想録>80年代 大阪の映画館 <新世界、トビタ、吹田> 回想録採録、今回は4本です。 大阪のコアな地域の映画館たち。 無くなったところも多々ありますが、現在もガンバっているところもあります。 なお、初出時から画像を変更しているものがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/15 12:32
『男たちの挽歌 II 』 英雄本色II:ご都合主義が勝ちすぎ で醒め醒め @DVD
『男たちの挽歌 II 』 英雄本色II:ご都合主義が勝ちすぎ で醒め醒め @DVD ジョン・ウー監督『男たちの挽歌』の続編『男たちの挽歌 II 』、買い置きDVDで鑑賞しました。 前作と同じく香港盤での鑑賞です。 以前観たように思っていましたが、これはどうも観ていないようで・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/14 20:59
『デストラップ 死の罠』:面白い舞台劇を映画でみせてあげようという試み @DVD
『デストラップ 死の罠』:面白い舞台劇を映画でみせてあげようという試み @DVD シドニー・ルメット監督の1982年製作『デストラップ 死の罠』、DVDで鑑賞しました。 初公開時にも観ているのですが、以前購入したDVDでの鑑賞です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/11 21:41
『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』:宮崎風、高畑風、大友風の三本オムニバス @DVD・レンタル
『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』:宮崎風、高畑風、大友風の三本オムニバス @DVD・レンタル 平成の落穂ひろいDVD鑑賞、日本映画に辿り着きました。 映画は『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』。 スタジオポノックスの新作。 ですが、短編3つのオムニバスです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/08 21:13
『名探偵ピカチュウ』日本語吹替版 :まずますの合格点のバディムーヴィの面白さ @ロードショウ
『名探偵ピカチュウ』日本語吹替版 :まずますの合格点のバディムーヴィの面白さ @ロードショウ 令和にはいって初の劇場鑑賞は『名探偵ピカチュウ』。 日本語吹替版での鑑賞です。 お子様向け映画ではありますまいか!なんて言わないでくださいね。 ま、それはそうなんですが・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2019/05/08 00:28
『エンジェル、見えない恋人』 :IMAX3Dだったら、失神・悶絶観客続出 @DVD・レンタル
『エンジェル、見えない恋人』 :IMAX3Dだったら、失神・悶絶観客続出 @DVD・レンタル 令和にはいってのDVDでの落穂拾い第2弾は『エンジェル、見えない恋人』、ベルギー産の幻想ファンタジー。 ファンタジーって「幻想」に決まってる・・・って、そういうことは言わないの。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/07 22:31
『500ページの夢の束』 :感情や何やらに鈍感なのはスポックではないということ @DVD・レンタル
『500ページの夢の束』 :感情や何やらに鈍感なのはスポックではないということ @DVD・レンタル 令和にはいっての初鑑賞はDVDでの落穂拾い。 ダコタ・ファニング主演の『500ページの夢の束』。 『I am Sam アイ・アム・サム』(2001年)の子役もことし25歳。 本作は2017年製作なので、撮影は22歳ぐらいということですね。 最近は、妹エル・ファニングの活躍が目立つので、どうしているのかしらん、と思っていました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/07 22:05
『タリーと私の秘密の時間』 :世の夫・父親に向けたシニカルでリアルな母・妻についての映画 @DVD
『タリーと私の秘密の時間』 :世の夫・父親に向けたシニカルでリアルな母・妻についての映画 @DVD 平成→令和の改元期は昨年公開された映画の落穂拾い鑑賞です。 『旅猫リポート』に続いて鑑賞したのは『タリーと私の秘密の時間』。 シャーリーズ・セロン主演、監督はジェイソン・ライトマン。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2019/05/02 17:00
『旅猫リポート』 :ある種のファンタジー映画 @DVD・レンタル
『旅猫リポート』 :ある種のファンタジー映画 @DVD・レンタル 元号が「令和」に改まりましたが、こういうときには「あけましておめでとうございます」とは言わないのですね。 誰も言ってないもの。 なら、「あらためておめでとうございます」が適切だろうかしらん・・・ などと、相も変わらずくだらないことを考えていますが、令和最初のレビューは昨秋ロードショウされた『旅猫リポート』。 観たのは平成期。元号が改まる前・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/05/01 11:32
<回想録>70〜80年代 大阪の映画館(あべの)
<回想録>70〜80年代 大阪の映画館(あべの) 今回の回想録採録は大阪あべのの映画館についての記事2本です。 実家近所の映画館にしか行ったことがなかったりゃんひさでしたが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/27 17:13
『男たちの挽歌』 英雄本色 :まだ白い鳩は飛んでいないジョン・ウー演出 @DVD
『男たちの挽歌』 英雄本色 :まだ白い鳩は飛んでいないジョン・ウー演出 @DVD ジョン・ウー監督の1986年作品『男たちの挽歌』、買い置きDVDで鑑賞しました。 日本公開は1987年。 ロードショウ時にも観ているのですが、かなり以前、中古店に並んでいた香港盤を安価で購入していたものです。 香港盤ですが、日本語字幕もあるので、鑑賞には差支えがありませんでした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/04/25 15:46

続きを見る

トップへ

月別リンク

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる