アクセスカウンタ

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

プロフィール

ブログ名
キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど
ブログ紹介
小学生のときに『がんばれ! ベアーズ』を観て以来の映画ファン。
劇場、DVDを問わず、観た映画をほぼリアルタイムで感想などを記録する目的で開設しております。
アクション・エンタテインメント系より、シリアス・コメディ問わずドラマを中心に鑑賞。
(2016.09.21改訂)

《記事分類要領》
@大分類
 「外国映画レビュー」「日本映画レビュー」 「テレビドラマレビュー(国内・海外の区分なし)」
 「映画雑感」「」「その他」。
A映画 詳細分類
a) 年代別⇒必ず設定しています 右サイドの簡単操作から選択可能
b) 以下はいずれかを設定 (タグ数制限(最大3つ)があるため)
ジャンル 左サイドから選択可能劇場未公開お気に入りの監督・作家 右サイドの簡単操作から選択可能
(2016.09.21改訂)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『ともしび』:たぶん、こんなストーリーのはず・・・ @ロードショウ・単館系
『ともしび』:たぶん、こんなストーリーのはず・・・ @ロードショウ・単館系 シャーロット・ランプリング主演『ともしび』、ロードショウで鑑賞しました。 ひらがな4文字の日本タイトルは『まぼろし』『さざなみ』を連想させます。 どちらもシャーロット・ランプリングの個性を活かした作品でしたね。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/19 22:15
『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』:被害者家族、加害者家族、それぞれの心情 @DVD
『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』:被害者家族、加害者家族、それぞれの心情 @DVD 一昨年秋に小規模ロードショウ公開された日本映画『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』、DVDで鑑賞しました。 DVD化は意外と早く、昨年2月にDVD化されていました。 レンタル店ではリリースから1年ほどで店頭から姿を消すことも珍しないので、レンタル出来て幸いでした。 さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/14 21:20
『ブラウン神父の事件簿』:G・K・チェスタトン創作の名探偵推理物 @DVD・レンタル
『ブラウン神父の事件簿』:G・K・チェスタトン創作の名探偵推理物 @DVD・レンタル ここのところTSUTAYAの海外ドラマ棚で何枚もDVDが並んでいるので気になっていた『ブラウン神父の事件簿』。 英国BBCの製作の一話完結ドラマで、2013年から製作されて、現在シーズン6まで作られている人気シリーズのようです。 ブラウン神父といえば、G・K・チェスタトンが創作した名探偵で、ホームズ、ポワロと並んで「世界三大名探偵」に数えられることもある。 といっても、「三大〇〇」の三つめというのは、あまりお定まりがないこともあるので、ホントウかどうか。 原作小説は創元推理文庫から邦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/13 23:25
『輝ける人生』:予定調和な物語だが、滋味深い顔合わせに満足 @DVD・レンタル
『輝ける人生』:予定調和な物語だが、滋味深い顔合わせに満足 @DVD・レンタル 昨年初秋にロードショウされたイギリス映画『輝ける人生』、DVDで鑑賞しました。 監督は『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/11 17:19
『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』:カンバーバッチ版に雰囲気は似ているが結構面白い
『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』:カンバーバッチ版に雰囲気は似ているが結構面白い 昨年春から初夏に放送されたHuluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』、DVDで鑑賞しました。 アーサー・コナン・ドイルが創造したシャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソンが「もし現代の東京にいたら」「もし2人とも日本人女性だったら」のコンセプトでリ・クリエイトされたドラマです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/10 22:51
『空飛ぶタイヤ』:2時間に巧みにまとめた社会派エンタテインメント @DVD・レンタル
『空飛ぶタイヤ』:2時間に巧みにまとめた社会派エンタテインメント @DVD・レンタル 昨年初夏にロードショウされた『空飛ぶタイヤ』、DVDで鑑賞しました。 『下町ロケット』の池井戸潤の原作小説の映画化です。 池井戸潤の小説は何作もドラマ化されているのですが観たことはありません。 小説も読んだことがない・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2019/02/10 16:19
『リグレッション』:オカルト映画のように始まりながら、最終的には米国の暗部を描く @DVD・レンタル
『リグレッション』:オカルト映画のように始まりながら、最終的には米国の暗部を描く @DVD・レンタル 昨年秋に小規模ロードショウされた『リグレッション』、DVDで鑑賞しました。 タイトルのリグレッションとは、後戻り、退行、改悪などの意味です。 ポスターデザインが不気味な上、監督・出演者とも興味が惹かれたので、DVDになったら観ようと思っていた作品です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/02/10 15:15
『ヴィクトリア女王 最期の秘密』:脚本・演出・演技、どれも好し @ロードショウ・シネコン
『ヴィクトリア女王 最期の秘密』:脚本・演出・演技、どれも好し @ロードショウ・シネコン スティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』、ロードショウで鑑賞しました。 主演はジュディ・デンチ。 この監督&主演のコンビは『ヘンダーソン夫人の贈り物』『あなたを抱きしめる日まで』に続いて3度目になるのかしらん。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2019/02/07 14:51
『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』:社会風刺が基底にある伊製喜劇 @DVD・レンタル
『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』:社会風刺が基底にある伊製喜劇 @DVD・レンタル 昨年公開映画の落穂ひろいDVD鑑賞その3は『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』。 先に公開された『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の前日譚。 というか、本作がヒットしたので、その後、第2作と第3作をまとめて撮って、分けて公開という『バック・トゥ・ザ・フューチャー』方式です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/07 00:04
『オーシャンズ8』:ま、コンなモノかしらん @DVD・レンタル
『オーシャンズ8』:ま、コンなモノかしらん @DVD・レンタル 昨年公開映画の落穂ひろいDVD鑑賞その2は『オーシャンズ8』。 ジョージ・クルーニー主演の『オーシャンズ11』シリーズのスピンオフ、女性版ですね。 先のシリーズは、どこまで観たかしらん。 ちょっと憶えていません。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/02/05 22:45
『ジュリアン』:これが本当のリアルサスペンス・・・ @DVD・レンタル
『ジュリアン』:これが本当のリアルサスペンス・・・ @DVD・レンタル ヴェネチア国際映画祭で監督賞に輝いたフランス映画『ジュリアン』、ロードショウで鑑賞しました。 「ジュリアンは母親を守るため、必死で嘘をつく 家族は、衝撃の結末を迎えた」というのが謳い文句。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2019/02/05 22:12
『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』:『クリープショー』を彷彿させるホラー小品 @DVD
『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』:『クリープショー』を彷彿させるホラー小品 @DVD 昨年公開した映画の落穂ひろい的なDVD鑑賞です。 ま、大体、劇場で観るか、DVDで観るか、全く観ないかの3つに分けて、作品を選択しているので、落穂ひろい鑑賞の対象は概ね2番目に分類された作品が多いです。 ときには、劇場で観たかったけれど、どうしても時間が合わなかった・・・というような作品もあるのですが。 今回、鑑賞したのは『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/03 22:53
『サスペリア』 ルカ・グァダニーノ監督:21世紀のトラウマ映画になりそうだ @ロードショウ・単館系
『サスペリア』 ルカ・グァダニーノ監督:21世紀のトラウマ映画になりそうだ @ロードショウ・単館系 『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督最新作『サスペリア』、ロードショウで鑑賞しました。 グァダニーノ監督は1971年生まれ。 1960年代半ばから70年代はじめに生まれた映画ファンにとって、ダリオ・アルジェント監督の1977年製作『サスペリア』はトラウマ映画(のはず)。 違う人もいるって? まぁ、そういう人もいるでしょう・・・ということで、さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2019/02/02 18:07
『バジュランギおじさんと、小さな迷子』:インド流の社会派+エンタテインメント映画 @ロードショウ
『バジュランギおじさんと、小さな迷子』:インド流の社会派+エンタテインメント映画 @ロードショウ ここのところコンスタントに作品がロードショウされているインド映画。 年明け公開の『バジュランギおじさんと、小さな迷子』、ロードショウで鑑賞しました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/02/02 14:06
『1987、ある闘いの真実』:民主主義=ひとりひとりの人権を認めるかどうか @名画座
『1987、ある闘いの真実』:民主主義=ひとりひとりの人権を認めるかどうか @名画座 名画座2本立て鑑賞の2本目は『1987、ある闘いの真実』。 こちらも力作。 2本立てでお得感ありですが、続けて観ると少々疲れてしまいますね。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2019/02/01 23:18
『タクシー運転手 約束は海を越えて』:韓国流の社会派+エンタテインメント映画 @名画座
『タクシー運転手 約束は海を越えて』:韓国流の社会派+エンタテインメント映画 @名画座 ことし初めての名画座2本立て鑑賞です。 作品は、いずれも昨年公開の韓国映画。 まずは『タクシー運転手 約束は海を越えて』から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/02/01 23:13
『質屋』:あなたは「知っている」というが、わたしは「経験した」 @DVD・レンタル
『質屋』:あなたは「知っている」というが、わたしは「経験した」 @DVD・レンタル シドニー・ルメット監督の1964年作品『質屋』、DVDで鑑賞しました。 シドニー・ルメットといえば、『セルピコ』以降の、70年代に入ってからの社会派サスペンス映画がなじみ深いですが、それ以前の作品は『十二人の怒れる男』以外、ほとんど観たことがありません。 この映画もタイトルだけは聞いたことはありましたが、内容はほとんど知りませんでした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2019/01/26 17:50
『ミスター・ガラス』:あなたは、超人いる派?いない派? @ロードショウ・シネコン
『ミスター・ガラス』:あなたは、超人いる派?いない派? @ロードショウ・シネコン M・ナイト・シャマラン監督最新作『ミスター・ガラス』、ロードショウで鑑賞しました。 『アンブレイカブル』『スプリット』、そして本作で三部作を形成しています。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2019/01/26 16:54
『もぎりさん』 キネカ大森先付ムービー全6話:もぎりさんよ、今回もありがとう @テアトル系映画館
『もぎりさん』 キネカ大森先付ムービー全6話:もぎりさんよ、今回もありがとう @テアトル系映画館 『もぎりさん』。 このタイトルで気が付いたひとは、余程キネカ大森に行っているひとですね。 昨年7月(ぐらいだったか)から、毎月1本新作が公開された、3分未満のシリーズ短編映画です。 本編上映前、それも予告編上映前に上映していました(と記憶しています)。 で、ことしからはキネカ大森以外のテアトル系映画館で上映されています。 大阪の2館(シネリーブル梅田、テアトル梅田)で観た際は、それぞれ異なるエピソードが上映されていました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/23 00:10
『襲撃 BURNING DOG』:崔洋一監督初期のVシネ作品 @国立映画アーカイブ
『襲撃 BURNING DOG』:崔洋一監督初期のVシネ作品 @国立映画アーカイブ ことし初めての国立映画アーカイブ(NFAJ)での鑑賞です。 年に数回行けば多いぐらいなのですが、本当にレアな作品が上映されることがあります。 今回の作品もそんな1本。 崔洋一監督の1991年作品『襲撃 BURNING DOG』。 今回のNFAJの特集上映「製作者・黒澤満」の中の1本で、もともとは東映Vシネマ作品。 劇場公開はされていないオリジナルビデオ作品ですが、16ミリフィルム撮影なので、今回ニュープリントを焼いての上映です。 上映前に、崔洋一監督の挨拶があり、監督も客席で鑑賞... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/17 21:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる