『包帯クラブ』:他人の痛みが判るからこそ包帯を巻く:Myムービーに掲載しました。

画像
柳楽優弥、石原さとみ主演、堤幸彦監督作品『包帯クラブ』のレビューを「他人の痛みが判るからこそ包帯を巻く」と題して、Myムービーに掲載しました。

「傷ついた少年少女たちの心の再生劇」というフレコミなので、「傷ついたボク(ワタシ)を判って欲しい」的な映画だったら嫌だなぁ、と思いながら試写に出かけた。

その心配は杞憂に終わり、少なからずの感動を覚えた。

続きは、以下に示すURLで。

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id327916/rid9/p1/s0/c1/

<追記>
ハンバートハンバートの音楽のせいもあるのだろうが、全体的に70年代スピリッツを感じました。
青春映画の再生ともいえるでしょう。

↓DVD↓
 

↓原作本↓


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック