『ラブ・イズ・マネー』:若いトニー・レオンを楽しむ香港ずんだらラブコメディ:オンライン放映で鑑賞しま

画像
『ラブ・イズ・マネー』:若いトニー・レオンを楽しむ香港ずんだらラブコメディ:オンライン放映で鑑賞しました。

2001年製作のトニー・レオン、スー・チー主演の『ラブ・イズ・マネー』(有情飲水飽/Love Me, Love My Money)をオンライン無料放映で鑑賞しました。

若き青年実業家で大富豪のトニー・レオンが付き合う女性は彼の財産目当てばっかり。
そんな彼が、同棲中の彼女がトニーの貧乏性でけち臭いことに愛想をつかして出て行く際に、クレジットカードやなんやかやを使えないようにしてしまう。
一時的困窮状態に陥った時にトニーはスー・チーと出会うのですが、彼女はトニーが貧乏だと思い込んでおり、トニーも金持ちだと言い出した途端に彼女が豹変するのではないかと気が気でならず本当のことが言い出せないまま・・・というようなストーリー。

シチュエーション的には面白いのですが、そこはそこ、香港映画の脚本と演出。でたとこ勝負のずんだらムード。
監督・脚本のバリー・ウォンは、過去作品では
 ジャッキー・チェン、後藤久美子主演の『シティーハンター(1993)』の監督・脚本
 イーキン・チェン主演の『決戦・紫禁城(2000)』の脚本
 アンドリュー・ラウ主演の『ブルー・エンカウンター(2002)』の脚本
を鑑賞しましたが、本作品は、まぁそこそこのんびり楽しめる部類ですね。

ひとことでいえば「若いトニー・レオンを楽しむ香港ずんだらラブコメディ」といったところかしらん。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック