2008年にハマッたもの(2):内田康夫の推理小説、浅見光彦シリーズ

2008年のまとめとして、映画以外に、意外にハマッたものを記しておきます。
2つ目は内田康夫の浅見光彦シリーズ。
かなりテレビドラマ化されていますが、これまでは見たことがありません。

プロットなしで書き始める推理小説ということは聞いていたので、「それはなんでもできないだろう」なんて高を括っていたところ、読み始めてみると面白い。
全国各地の旅情描写もさることながら、読み手が浅見光彦と一体化して、事件の霧の中を彷徨いながら、真相に辿りつく感覚がよく、一度読んだら病みつき、といっても過言でない。

初めて読んだのは「蜃気楼」。
的確な文章で、そのリズムがフィットしたようです。
小さな事件と思われたものから、巨悪の真相へと・・・というパターンが新しい作品では多いようですが、ハマればそれもお楽しみのひとつかも。

以下に2008年に読んだ作品リストを。

・天河伝説殺人事件
・平城山(ならやま)を越えた女
・鐘
・箱庭
・蜃気楼
・遺骨
・不知火海
・贄門島

浅見光彦シリーズ以外では
・「信濃の国」殺人事件
・杜の都殺人事件
・十三の墓標




内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ DVD-BOXIII ~2時間サスペンス版~
TCエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ DVD-BOXII ~2時間サスペンス版~
TCエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

浅見光彦 the complete 華麗なる100事件の軌跡 (ダ・ヴィンチ特別編集 (10))
メディアファクトリー
内田 康夫

ユーザレビュー:
オススメです★浅見光 ...
ファン必需品浅見光彦 ...
ファンなら持っていた ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック