『その木戸を通って』:山本周五郎+市川崑流の幽霊譚 @レンタルDVD

画像


藤沢周平原作の映画化『花のあと』を観た翌日、山本周五郎原作の『その木戸を通って』をDVDで鑑賞しました。
時代劇といっても、持ち味が違うのです。
市川崑監督が1993年にハイビジョンカメラを使って撮影したこの作品、17年の歳月を経て観ると、技術の進歩というのは恐ろしいもので、当時鮮明といわれていたハイビジョン映像も、NHKの大河ドラマに負けているのようです。
とはいっても、映画は(といってもこの作品はテレビドラマなんだれど)技術の進歩を競うものではないので、この作品も面白く観ることができました。

画像


市川崑監督は、少ない光量・間接照明で奥行きのある画面づくりを行っているのは、この作品でも効果的な画面づくりに表れています。
それよりも面白いのは、記憶を失くした「をんな」がふらりとやって来て、子を成して、いずことなく消え去っていくという一種の幽霊譚が、時代劇ホームドラマと見事に融合している点にあります。
口跡よろしく早口でしゃべる侍たちのさまは、市川崑流侍ではありますまいか。

評価は★3つ半としておきます。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id332049/rid33/p0/s0/c0/

↓DVDはコチラから↓


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画 7本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)
  日本映画 5本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画 7本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)
  日本映画 4本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 3本) ←カウントアップ
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 花のあと 山形

    Excerpt: なになに???そうだったんですかーーーーーーーー。私 しらなかったわ((+_+))。ホワイトデー、普段の「ありがとう」を気持にできるチャンス♪『その木戸を通って』:山本周五郎 藤沢周平原作の映画化『花.. Weblog: ナチュラルグリーン racked: 2010-03-04 17:04