『春のめざめ』:目を見張る絵画の動き @レンタルDVD

画像


三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーの第1弾として公開された『春のめざめ』。
ガラス板に絵を描いて動かしていくという手法で、絵の色彩、画面展開のイメージの素晴らしさ。
アニメーションとは「動かないものが動くこと」を具現化している。

セルアニメやCGアニメと異なり、膨大な手仕事なので、長編はつくれず、今回の作品も30分を切る尺。

少年の思春期のめざめがロシアの風景のなかで、繊細に鮮烈に萌えて描かれていきます。
場面展開では、眩暈感を感じさせるうねりのある手法。
ロシア語の響きも、この映画には相応しい。

同時収録の「製作の秘密」を明かしたドキュメンタリーも興味深く、かつ、師匠であるユーリ・ノルシュタインとの対話も収録されており、見応えたっぷりでした。

アレクダンドル・ペトロフ監督の前作IMAXの70mmカメラで撮られた『老人と海』は観ていますが、その他の作品も観てみたいです。

↓DVDはコチラから↓
 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画 16本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)
  日本映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画 12本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)←カウントアップ
  日本映画 9本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 8本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック