『(500)日のサマー』:運命じゃないひと @レンタルDVD

画像


『インセプション』にも重要な役で出演のジョセフ・ゴードン=レヴィットと、『イエスマン』で印象的だったズーイー・デシャネルのふたりの恋愛模様500日を描いたのがこの映画。
冒頭に、これは恋愛映画じゃない、と断りが入っています。

うまくいく恋愛を描いたのが恋愛映画だとしたら、この映画は恋愛映画じゃないかもしれないけれど、でも、やっぱり恋愛映画です。

公開当時は、500日を順を追って描くのではないところが新味、というような売り方でした。
たしかに、そこも見所ですが、面白いのは、「運命じゃないひと」との恋愛はこんなもの、というところ。
想いすぎたり、嫉妬したり、やきもちやいたり、落胆したり。

まぁ、ひとり相撲をとっているようなもの。
相手も土俵の上に乗っていると思っていたら、その実、乗ってなかったりして。

サマーというのはズーイー・デシャネル扮する女性のファーストネーム。
夏ではありません。(500)日続いたら、『50回目のファースト・キス』になっちゃうもの。
とはいえ・・・

オチもちょっと微笑ましい。

評価は★3つ半です。

↓DVD&ブルーレイはコチラから↓
 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画26本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 3本)←カウントアップ
  日本映画11本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画59本(うちDVD、Webなどスクリーン以外58本)
  日本映画21本(うちDVD、Webなどスクリーン以外19本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2010年08月04日 11:27
ちょっとした佳作ですね。
劇場より、DVDで休日鑑賞する方がいいかもしれません。
大人は昔を懐かしみ、若者は共感する映画かな。
優駿
2010年11月15日 11:44
>DVDで休日鑑賞 >大人は昔を懐かしみ
ました。

(どんな結末になろうとも)恋愛って良いなぁ~!
人生の醍醐味ですね。

誰かを意識して、ドキドキして、近ずいていって、
うまくいったら、道路で誰かれかまわず笑いかけ、公園で踊りだしたい気分!
でも、なぜだか…、二人の気持ちがスレ違うようになって
相手の気持ちがわからない、苦しい、悲しい、やりきれない
だけど季節は変わるの…。

こんなにいろいろな気持ちを味わえるのは、
若い頃の恋愛ならでは。
「恋愛映画」っていいですね~。
2010年11月20日 22:32
優駿さん、コメントありがとうございます。
恋愛とは、誤解に憧れをトッピングした五重塔のようなもの、とは誰かが云った言葉です。
そんな五重塔がピサの斜塔、バベルの塔になるまでの間が楽しく、塔が崩壊しても何かが残るものののでしょうね。

この記事へのトラックバック