『ランボー 最後の戦場』:スタローン・イズ・ランボー @BS放送

画像


シルベスター・スタローンのランボー・シリーズ最終篇『ランボー 最後の戦場』を出張先のホテルのテレビで鑑賞しました。
以前地上波で放送されたものと同じ内容と思われますが、特別編集版となっているのは、たぶん、残酷なショットをカットしたためだろうと推測します。
本編は正味90分の短さ。CMを入れても(BS放送のCM時間は非常に短いので)2時間枠で十分お釣りがくる長さです。
最後の6~7分は延々とエンドタイトルを流していました。
さて、映画はというと・・・

軍事政権下のミャンマーへ医療を中心とした人道支援に訪れたアメリカのNGOチームが拉致され、救援のためにアメリカ政府に雇われた傭兵たちとともにランボーが活躍する、というもの。

スタローン=ランボーも還暦。
さすがに衰えは隠せませんが、馬力と迫力でシンプルにまとめる演出力は相変わらず相当なものです。

劇中、ランボーやNGOの面々、それに傭兵たちも「ビルマ」と云っています(発音ではバーマと聞こえる)。
これは、彼ら(すなわちアメリカ)がミャンマー軍事政権を認めていないことを現しているのだそうです。

また、ベトナム戦争還りのランボーが、いくら平和な暮らしをしていても、生命の危険・仲間の危険により、闘いの本能が蘇ってしまうあたり、3作目の『怒りのアフガン』から時を経たことで説得力を感じました。

スタローンのシリーズものでは『ロッキー』シリーズの方が好きですが、こんなシンプルなアクション映画を撮れるのは、いまやスタローンだけになったのではありますまいか。

評価は★3つ半としておきます。

↓本作品を含めて、シリーズのDVD&ブルーレイはコチラから↓

 



 

 

 

 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画39本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)
  日本映画18本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画81本(うちDVD、Webなどスクリーン以外80本)←カウントアップ
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック