『アバター<特別編>』:これが初見、IMAX 3Dで観ました。

画像


ジェームズ・キャメロン監督の渾身の一作『アバター』を特別編IMAX 3Dで鑑賞しました。
これが劇場で観れる最後のチャンス、みたいなフレコミでしたので。
ロードショウ時は未見なので、比べることは出来ません。
が、以前のIMAX 3D作品と比べることはできるので、ちょっとばかり比べてみます。

劇場は109シネマズの1スクリーン。
元々は他のフィルム映写の劇場と改造したので、かつてあったIMAXシアターとは造りが異なりました。

かつて訪れたことのあるIMAXシアターは大阪・サントリーIMAXシアター、新宿高島屋タイムズスクエアのIMAXシアター、品川プリンスのIMAXシアターの3館です。
いずれも、座席の傾斜が急で、スクリーンサイズはどちらかといえばスクエア。
感覚的には縦長の印象です。これは多分フィルムのサイズに依存していたものと思われます。
視界全体をスクリーンが覆うので、どちらかといえば後ろ寄りの席が観やすかった、という印象があります。
ただし、3D作品の場合は、やや前寄りのほうが立体感がありました。
スクリーンが観客を包み込む雰囲気は、かつてのシアターの方に分があります。
今回のシアターでは、スクリーンは舞台がなく、天井から床まで全体を覆っていますが、観客を包み込む雰囲気はあまりありませんでした。

さて、映画についてですが、かつての3D作品では、カメラを引いたロングのショットが多く、どちらかというと、画面下側に登場人物を配して、上部に空間を活かした映画が多かったと記憶しています。
これは、スクリーンサイズとの関係ですね。

対して『アバター』では、特にそのような構図が目立つわけでもなく、他のアクション映画と同じようにアップもロングもあり、という構図です。
ですが、さすがに3Dを前提として撮っている映画なので、アクションシーンも含めて、カットのつなぎが若干長くしています。

トニー・スコット監督あたりだと、アクションシーンは2秒以下のつなぎで、何が映っているがよりも、勢いというかスピードで繋いでいくのですが、この『アバター』ではどんなに激しい戦闘シーンでも、何が映っているか、どんな状況かは判る長さがあります。
それから、個人的には、アクション映画でスローモーションが出てくると興ざめするのですが、この映画では、「ふむふむ」と納得しながら観ることが出来ました。

ストーリー的には『ダンス・ウィズ・ウルブス』+『もののけ姫』+『エイリアン2』(あ、これはクライマックスだけか)みたいな感じでしたが、3Dで魅せきる、ということには非常に満足できるものでした。

評価は★4つですね。

↓DVD&ブルーレイはこちらから↓
 

 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画42本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)←カウントアップ
  日本映画20本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画85本(うちDVD、Webなどスクリーン以外84本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック