『100歳の少年と12通の手紙』:湿っぽくない難病映画 @レンタルDVD

画像


死期が近い10歳の少年。
最後の最期に心開いたのはピンクスーツの元女子プロレスラーのピザ屋のおばさん(失礼、おねえさん、だね)。
1日に1通手紙を読む毎に、10歳としを経る。
12通読み終えれば、新しい年を迎えることができる・・・

まぁ、『100歳の少年と12通の手紙』という日本タイトルはちょっとやりすぎ。
1日1通の手紙、というのはあまり映画では強調されていません。

原題は『OSCAR ET LA DAME ROSE』。
オスカー少年とバラ色のおばさん(失礼、おねえさん、でした)だ。

そのオスカー少年とバラ色おねえさんとのやりとりがコミカルなタッチで描かれるので、湿っぽくない。

が、湿っぽさを排すると同時に、バラ色おねえさんがオスカー少年から得たものやおねえさん自身のバックグラウンドを割愛したために、ちょっと感動が薄くなってしまったのではありますまいか。

悪い作品ではないのですが、お薦め度合いの評価としては★3つですねぇ。

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『メッセージ そして、愛が残る
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『ヤコブへの手紙
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『人生万歳!』
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『Ricky リッキー
⇒『永遠の語らい
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『シングルマン
⇒『ルイーサ
⇒『ニューヨーク、アイラブユー
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺

↓DVDはコチラから↓


------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)
  日本映画 3本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画14本(うち劇場 0本)←カウントアップ
  日本映画 1本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック