『ピラミッド 5000年の嘘』: 扇情的な題材をみると妄想が暴走していく @レンタルDVD

画像


ピラミッドの謎ですかぁ。
へへへへへ。
こういうセンセーショナルな題材は結構好きです。
でもなぁ、映画というよりは、テレビスペシャルの作りですなぁ。
ノッケから、煽りのフレーズが連発ですもの。

で、結論的には、疑問符連発で終わる、というのもテレビスペシャル的。
ピラミッドがどのようにして作られたのか、の結論はお預けですから。

まぁ、この手のものを観ると、いつも、「あれ、そうだっけ?」とか、「そういえば、こうだったよなぁ」なんて、勝手に妄想が暴走してしまうので、映画の中でいっていたのか、自分が空想していたのかが、ごっちゃになってしまい、困ることしきり。

今回も「ピラミッドには、円周率パイや黄金率ファイが隠されている!」といわれても、一本の紐で描ける図形(もっとも単純な図形)が円なのだから、当然といえば当然で、そんなことに驚く方がヘンに思える。
(コンパスと目盛のない定規で図を描けば、円周率パイがそこかしこに検出できますから)

で、今回ちょっとビックリしたのは、巨石の構造の建造物が、赤道に対して30度の円周上に並んでいること。
建造された時代も様々なのに、建築方式に似たところがある・・・・

んん?

これって、ピラミッドを作った民たちが、なんらかの信仰目的で(もしくは天文的事象の実証のために)同一方向に進んで建築したってこと、なのかしらん。
同じ円周上に並んでいるのだから、ある時間帯には天体上、同じものが見えていたとか。
それを崇拝していたとか。

もしくは、ピラミッドのある方向から夜空を見ると1年に1回同じものがみえるのは、地球が丸いためであることを証明しようと、とか?

あー、妄想が勝手に暴走していくぅぅ。

まぁ、もう、まともに評価なんかできない、という意味合いで、★3つとしておきます。

 

------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画19本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)←カウントアップ
  日本映画 9本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画22本(うち劇場 0本)
  日本映画 4本(うち劇場 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かばくん
2012年07月16日 00:59
円周率だかなんだかしらんが、ちっともわからん。
一体、誰がどうして作ったのかハッキリせい!

この記事へのトラックバック