『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』:昭和のにおいのするプログラムピクチャ @ロードショウ

画像


大泉洋、松田龍平のバディもの『探偵はBARにいる』の第2弾『ススキノ大交差点』、初日に観に出かけました。
コンビの息もぴったりあってきたのですが、ちょっとガサガサしすぎていて、前作のほうがもう少し洗練されていたのではないかなぁ、と思いました。

東スポの映画紹介欄で、宣伝部のこの映画のことを、往年の『トラック野郎』シリーズのような雰囲気を、といっていましたが、であれば、狙いどおりです。
お色気あり、アクションあり、笑いあり、最後に涙ありですから。

脚本も、政治がらみの犯罪と大風呂敷を広げながら、その実・・・というあたりもうまく書けています。
が、くんずほぐれつ陣営入り乱れるあたりが整理できていない(というか整理しなかったのか)、混沌のまま残しているので、ガサツな印象に拍車をかけているかも。

引き続き、このコンビの活躍が観たいので、次回作はもう少し洗練された感じでお願いしたいです。

評価は★3つとしておきます。

 

 

 

↓1作目DVDなど
 

 

------------------
2013年映画鑑賞記録

 新作:2013年度作品
  外国映画12本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 3本)
  日本映画 5本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)←カウントアップ

 旧作:2013年以前の作品
  外国映画31本(うち劇場 2本)
  日本映画 4本(うち劇場 1本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2013年06月16日 16:30
大泉洋、松田龍平の相棒も板についてきた感じ。
これはこれでシリーズ化して面白いと思います。

この記事へのトラックバック