『ピッチ・パーフェクト2』:フェミニズム視線もあり興味深いが、散漫 @DVD・レンタル

画像

アナ・ケンドリック主演のアカペラ青春映画『ピッチ・パーフェクト2』、DVDで鑑賞しました。
前作は「音楽シーン以外はズンダラ」だったのですが、さて、今回はどんなものかしら。
さて、映画。

全米アカペラ選手権で優勝したバーデン・ベラーズ。
優勝後、大統領列席のステージを務めることになったが、その舞台上でファット・エイミー(レベル・ウィルソン)が局部まる出しという大失態を演じてしまった。
半年後に控えた世界大会、その出場も危うくなってきた。

世界大会も気になるが、それは大学を卒業した後のこと。
卒業後の進路が心配になったベッカ(アナ・ケンドリック)はメンバーに黙って、音楽会社のインターンとして働くことにした・・・

というハナシ。

今回はかなりハナシが多岐にわたる感じなのだけれど、芯は「カバー(コピー)とオリジナル」のぶつかり合い。
あまり気づかなかったけれども、アカペラのチームで歌う曲はすべてカバー曲。
アレンジがどうであっても、オリジナルでない、というのがミソ。

音楽会社のインターンとして働きだしたベッカが、上司から「自身のオリジナリティ」を追求されて困るあたり、そしてオリジナリティを見つけるあたりが肝心要なのだけれど、ハナシをひろげすぎて散漫になってしまった感が強い。

ファット・エイミーの恋愛模様、新入部員の登場、ライバルチームとの駆け引き、そしてチームの汚名返上名誉挽回、さらにはフェミニズムと手をひろげすぎ。
それらひとつひとつに深掘りがなく、出たとこ勝負みたいなのは、10分に1度、音楽シーンを入れなければならなかっただろう。

今回は女性解説者役でも出演しているエリザベス・バンクスが監督も務めており、フェミニズム視線などが盛り込まれて興味深いだけに、少々残念。

評価は★★★(3つ)としておきます。



------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:31本
 外国映画23本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:34本
 外国映画29本(うち劇場 7本)←カウントアップ
 日本映画 5本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

おすもうさん
2016年07月19日 15:45
やはり二作目って、かなり落ちますね。でも一作目もたいしたことなかったか・・・・・。選んだ自分が悪い。

この記事へのトラックバック