『相棒 劇場版IV』:テロとの戦いは、まさに現代の戦争である @ロードショウ

画像

人気テレビシリーズ『相棒』の劇場版IV、ロードショウで鑑賞しました。
公開2日目の昼間に観ていたんですが、DVDで落穂拾いをしていたりして、レビューアップが遅れた次第。
さて、映画。

在英日本領事館で集団毒殺事件が発生した。
関係者全員死亡し、唯一の生き残りは幼い少女。
しかし、その少女も何者かによって連れ去れてしまい、未だ行方が知れない。
それから、7年。
国際犯罪組織によって外務省のホームページがハッキングされ、その脅迫映像に成長した少女(山口まゆ)の姿が写っていた。
犯罪組織は政府に身代金を要求する・・・

というところから始まるハナシは、なかなか込み入っており、件の国際犯罪組織を追う国連犯罪情報事務局の元理事(鹿賀丈史)や組織の首謀者と思われる刺青の男(北村一輝)などが登場し、テレビシリーズでの人気エピソード「赤いカナリア」の話を思わせる。
犯罪組織が狙うターゲットそのものもわからず、先の毒殺・誘拐事件をもみ消そうとした元英国大使(江守徹)がターゲットかと思いきや、50万人の見物客をターゲットにした無差別テロではないかと特命係ふたり(水谷豊、反町隆史)が突き止め、サブタイトルの『首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』と相成る。

テレビシーズも担当している太田愛の脚本はなかなか骨太で、さらに太平洋戦争時のエピソードも加わり、「相棒史上、最も切ないラスト」という謳い文句も伊達ではなかった。

その上、時節柄を反映して描かれる「テロとの戦い」に対する視線は、なかなか辛らつ。
「国境を持たないテロ組織との戦いには終わりがない」「日本人というだけで、殺される・標的にされることになるのです」と、かなり核心を突いた台詞も登場する。

エンディングもなかなかショッキングで、現在放映中のシリーズの1エピソードの枠を超えて、今回のシリーズの最終話に相当するのではないか、とも想像される(なにせ、事件が起こるのは夏の時期でもあるので)。
そう考えると、さてさて、現在のシリーズがこの映画にどのように上手く繋げていくか、そこいらあたりも愉しみになってきました。

評価はオマケも込みで★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:15本
 外国映画13本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 2本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2017年以前の作品:15本
 外国映画12本(うち劇場鑑賞 3本)
 日本映画 3本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ここなつ
2017年03月19日 13:21
こんにちは。弊ブログにご訪問下さりありがとうございました。
国家権力に対してその権力の一員であるはずの杉下右京が、齟齬や矛盾を斬り込んでいく様が好きなシリーズです。特に劇場版はその要素が強いと思っています。
お馴染みのキャラクターの活躍もとても楽しめました。評価で「おまけ」する気持ち、わかります~。
2017年03月19日 14:00
ここなつさん、コメントありがとうございました。
今回は、おなじみメンバーの活躍もあり、脚本がこれまで以上によかったです。22日は現シリーズの最終話。これもまた楽しみです。
ぷ~太郎
2017年03月26日 18:40
前作はどうにもこうにもだったので、大いに心配しましたが、ようやく元の「相棒」作品に戻ったみたいですね。犯人が簡単に想像がつくのでなんですが、その心情まで細かく書き込んだ脚本はお手柄でした。
2017年03月27日 21:41
ぷ~太郎さん、コメントありがとうございました。
前作が酷かったので、割り増し採点かも。
比べて、最新シリーズの最終話はガッカリでした。

この記事へのトラックバック