『三度目の殺人』:事件の真相、そして三度目の殺人とは @ロードショウ・シネコン

画像

是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』、ロードショウで鑑賞しました。
近作は『海よりもまだ深く』『海街diary』と心温まるヒューマンドラマが続いていた同監督。
最新作は、殺人事件を中心した法廷ミステリー。
前置きは簡潔に、さて、映画。

有能な弁護士の重盛(福山雅治)、彼は常に勝利にこだわる。
彼にとっての勝利とは、クライアントに有利な判決を引き出すこと。
法廷における裁判はビジネスである。

そんな彼のもとに訪れた案件は、同僚の摂津(吉田鋼太郎)が行き詰ったもの。
前歴のある三隅(役所広司)が起こした強盗殺人事件。
多摩川の河川敷で、元の雇い主を殺して金品を奪い、火をつけて燃やしたというのだ。
検察側の求刑は死刑であろう。
それを、無期懲役にまで減刑させて、勝利を得たい重盛は、摂津と若手の川島(満島真之介)をともに拘置所の三隅と面会するが、三隅の供述はころころと翻る・・・

というところから始まる物語で、三隅の一度目の殺人を裁いたのが、当時裁判官であった重盛の父親(橋爪功)であったことや、二度目の被害者の娘・咲江(広瀬すず)と三隅の間に交流があったことなどが事件に盛り込まれていきます。

法廷ミステリーといえば、おおむね、検察側と弁護側の丁々発止の末、事件の白黒がつけられ、被疑者は無実、観客は留飲を下げる、
もしくは、無罪を勝ち取った被疑者が、やっぱり真犯人で、仰天、というのが常套パターン。

しかし、この映画は、そんな「白黒はっきりつけます」とはならない。
事件の真相がわからないのではなく、その先を観客に投げかけている、そんな映画。

二度目の殺人(多摩川河川敷の事件)の真相は、こうである。

*----<以下、真相>----*

劇中、一度、咲江が証言しようと決心したもの、そして、それは回想シーンとして中盤に描かれているとおり。

三隅が供述をころころと変えるのは、咲江に起こった出来事を隠しておきたいためであり、それがゆえに、その場その場でもっとも事件の絵姿に近いと他者が思うようなものを選んでいるため。

そして、三度目の殺人とは、自らが強盗殺人の罪で死刑となること。
それで、咲江の秘密を最後まで守る・・・

*----<真相おわり>----*

と、真相としては、テレビドラマのミステリー番組に何度も登場したような事件ということになるのだが、この映画は、それ以上のものを観客に投げかける。

「誰を裁くかは、誰が決めるのでしょう」
三隅の台詞である。

何度も登場する十字架のイメージから、決める誰かは「ひと」ではない。
よしんば、「ひと」だとするならば、その裁きには十字架に似た重い責任が伴う。

三隅は、一度目の殺人で、そのことを感じた。
彼の生命の生殺与奪は、重盛の父親に委ねられた。

北海道留萌での二人を殺した殺人事件。
当初、強盗殺人事件だったものが、怨恨による殺人として裁かれ、懲役刑となった。
この事件が、強盗だったのか、怨恨によるだったのか、真相はわからないが、重盛の父親の「犯罪の原因は、当人のみによるものではなく、社会がつくるものという考え方が、当時あったんだよ」という台詞から、真相は前者(強盗殺人)だと思われる。
結果、三隅は生き延びる。

「生きているだけで、周りを傷つける存在」だった三隅。
しかし、現在は「誰かの役に立ちたい」と思う三隅。
そして、一度は奪われたと思ったのちに与えられた生、ただの『器』にしかすぎない肉体・・・

ラストカットは、十字路に立つ重盛の姿。
十字架に似た重い責任。

それは、ひと誰しもが背負っている、と観客に投げかけている。

評価は★★★★☆(4つ半)としておきます。

<追記>
前半で登場する三隅、咲江、重盛の三人が雪原で戯れるシーンは重盛の夢なのだが、ちょっとやりすぎ。
それでなくても、役所広司の怪演でによって重盛同様、観客はひっかきまわされるのだから。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:63本
 外国映画48本(うちDVDなど 8本)
 日本映画15本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2017年以前の作品:50本
 外国映画42本(うち劇場鑑賞11本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ここなつ
2017年09月25日 13:09
こんにちは。弊ブログにコメントを下さってありがとうございました。
役所の怪演や福山の翻弄される姿の妙はもちろんのこと、実は咲江のキャスティングが広瀬すずで、純真なイメージがあるからこそ成立した作品なのかもしれません。
「守るべきもの」の象徴として、相応しいキャスティングだと思いました。
2017年09月27日 21:38
ここなつさん、コメントありがとうございました。
たしかに、この映画の肝は咲江役の広瀬すずですね。彼女のキャラクターがあるからこそ、成立している映画ともいえるでしょうね。
ぷ~太郎
2017年10月01日 01:05
よくできた作品だと思うのですが、少々作りすぎな感じがしました。観客を引っ掻き回す演出を少し削った方が、三隅、咲江、重盛の三人が、直接的間接的に殺人を犯したのだということがストーンと腑に落ちるのではないでしょうか。せっかく、血にそまった頬を手でぬぐうという三人の演技があるのですから。
2017年10月01日 15:14
ぷ~太郎さん、コメントありがとうございました。
持って回った演出で、ストンと腑におちない作品なのですが、そこのところがこの映画の魅力かも。血に染まった頬を拭うところが活かしきれなかったのは残念ですが。

この記事へのトラックバック

  • 「三度目の殺人」

    Excerpt: 推測される真実はあるけれど、真相は闇の中。闇の中、というより、もがきながらその場所で生き続ける人の心の中。是枝裕和監督作品。扱っている題材は決してマイルドなものではないのに、少しマイルドな気がした。何.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-09-22 16:12
  • 三度目の殺人

    Excerpt: 殺人の前科がある男・三隅が、解雇された工場の社長を殺し火をつけた容疑で起訴された。 犯行も自供し死刑はほぼ確実だったが、弁護士・重盛は何とか無期懲役に持ち込もうと調査を始める。 ところが、三隅の供述は.. Weblog: 象のロケット racked: 2017-09-23 12:55
  • 三度目の殺人

    Excerpt:  『三度目の殺人』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)是枝監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜間、二人の男が河原を歩いています。  突然、後ろに歩い.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2017-09-26 21:56
  • 80『三度目の殺人』真実の真理

    Excerpt: 新境地だけども、是枝ワールド。 『三度目の殺人』 ~あらすじ~ 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。.. Weblog: シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ racked: 2017-09-26 22:07
  • 「三度目の殺人」これはヘビーだ…。

    Excerpt: [三度目の殺人] ブログ村キーワード 近年、ホームドラマを撮り続けてきた是枝裕和 監督 の最新作は、一転して“法廷サスペンス”それもかなり重厚なお話に仕上がっています。「三度目の殺人」(GAGA)。.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2017-09-28 00:02