『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』:材料はいいが、できあがったらいま一つの味 @試写会

画像

二宮和也主演映画『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

一度食べた味を決して忘れず、その味を再現できる絶対味覚の持ち主・佐々木充(二宮和也)。
究極の味を追求した結果、経営していた店は潰れ、莫大な借金を背負った彼は、その能力を活かして、金持ちに対して最後の食事をつくって糊口をしのいでいた。
最後の食事の代金は、100万円・・・
そんなある日、謎の中国人から、旧満州国時代につくられたとされる「大日本帝国食菜全席」のレシピを捜し出して再現してほしいとの依頼を受ける。
手付金として300万円、成功報酬は5000万円・・・

といったところから始まる物語で、失われたレシピの影にある歴史秘話が隠されており、そのレシピと主人公が意外なところで繋がっていく・・・

のだけれど、話の端緒から、あれれと思ってしまった。
主人公の能力は「一度食べた味を決して忘れず、その味を再現できる」能力である。
「一度食べた」である。
つまり、「食べてない」味は再現「できない」ことになる。
だから、謎の中国人が是が非でも失われたレシピを手に入れたいのならば、探偵のプロに頼むのがスジというもの。

こんなところで躓いちゃったものだから、あまり熱心に観ていられない。

が、そこはベテラン監督の滝田洋二郎
それでも面白くみせていきます。

興味深いのは、満州国時代のエピソード。
満漢全席を超える料理「大日本帝国食菜全席」をつくれと命じられた山形直太朗(西島秀俊)の物語。
全体の尺からいえば、この時代の物語の方に尺が割かれていて、実質的な主人公は山形直太朗ともいえるし、この部分だけ独立させて一本の映画にしたほうが、重厚で、かつ謎に満ちていて面白かったのではありますまいか。

まぁ、そうなると二宮くんの出番はなくなちゃって、観客数激減ってことになるのだろうけど。

最後にひとつ。
「一度食べた味を決して忘れず、その味を再現できる」主人公の能力、結局、ほとんど活かされておらず、がっかりでした。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:82本
 外国映画63本(うちDVDなど16本)
 日本映画19本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2017年以前の作品:54本
 外国映画46本(うち劇場鑑賞13本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ここなつ
2017年12月06日 17:06
こんにちは。
おっしゃる通り、「食べてない」味は再現「できない」ということになりますね。だからきっとそのことも含めて、「麒麟の舌を持つ料理人」ともなると、常人を越えた料理の粋を食べつくしているのだ、と私は強引に理解しておくことにしました。
2017年12月08日 00:13
ここなつさん、コメントありがとうございます。
麒麟の舌を持つ料理人=超絶の能力を持つ料理人、の意味で観れば、納得かも。

この記事へのトラックバック

  • 「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」

    Excerpt: 「麒麟の舌」とは、一度食べた料理の味を絶対に覚えている能力のことを例えている。音楽でいうところの絶対音感のようなものである。この「麒麟の舌」を持った料理人の世代に跨る物語。(ちなみに私は…自慢だが、一.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-12-04 15:39
  • ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

    Excerpt: 佐々木充は、依頼人の「人生最後に食べたい料理」を再現して高額の報酬を得る、通称・最期の料理人。 彼は、中国料理界の重鎮・楊鎮から、112品目のフルコース[大日本帝国食菜全席]の再現を依頼される。 それ.. Weblog: 象のロケット racked: 2017-12-10 08:16