キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『29歳問題』 :ゼロ年代前半の香港映画の雰囲気を感じました @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2018/06/07 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像

レンタルDVD鑑賞のレビューが続いていましたが、久々の劇場鑑賞映画レビューを。
映画は『29歳問題』。
昨年2017年製作の香港映画。
香港映画を劇場で観るのは、かなり久しぶり。
90年代後半から00年代前半までは、かなり劇場へ足を運んだものだったが・・・
さて、映画。

舞台は、2005年の香港。
クリスティ=ラム・ヨックワン(クリッシー・チャウ)は30歳目前のキャリアウーマン。
社長からの信任もあってバリバリ働き、長年の恋人もいる。
そんなある日、アパートの大家から、部屋を売ったから出て行ってほしいといわれるは、昇進してオフィスのトップになるは、と、てんてこ舞い度は上がるのみ。
アパートを出て、仮住まいの部屋は、同い年の女性ウォン・ティンロ(ジョイス・チェン)が住んでいる部屋だが、彼女は一か月のパリ旅行に行っている。
どんな女性かと気になったクリスティは、ティンロの日記を無断で読んでいく・・・

といったところから始まる物語で、対照的なふたりの女性の生き方が交互に綴られていきます。

レコードショップで働き、ちょっとしたことに感激するティンロの姿に、少しずつクリスティが変わっていく・・・という物語はそれほど目新しくありません。
けれど、クリッシー・チャウ、ジョイス・チェンのふたりが魅力的なので、飽きることはありません。

終盤、無邪気なティンロの無邪気な理由が明かされますが、観客としては、まだまだどうにかなる、そういう気持ちになります。

そして最後の最後にふたりが出逢うシーン。
これ、元は舞台劇だったのね!と思う大仕掛けがあり(鈴木清順の映画に似たシーンがあるが)、へへへへ、と微笑ましくなりました。

エンドロールで、香港でロングランを重ねた舞台の様子も写され、なかなか興味深かったです。
なお、監督のキーレン・パンは、その舞台劇で、主役ふたりを演じ分け、演出もしていたひとです。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:35本
 外国映画28本(うちDVDなど 2本)←カウントアップ
 日本映画 7本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:28本
 外国映画23本(うち劇場鑑賞 2本)
 日本映画 5本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
29歳問題
2005年、香港。 化粧品会社に勤務する独身女性クリスティは、もうすぐ30歳。 仕事も恋も順調だったが、昇進をきっかけに全てが上手く回らなくなってしまう。 そんな時、大家の都合で旅行中の見知らぬ女性ティンロの部屋に1ヶ月だけ仮住まいすることになったクリスティは、ティンロの“自伝風の日記”を見つける…。 ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2018/07/13 13:57
「29歳問題」
珠玉の作品。心が泣き、そして洗われる。30歳を目前にした29歳の香港女性の自分探し。のお話なんだろうけれど…、OLの「自分探し」系はどうもこそばゆくって、白ける。というのが20代の時からの私の持論であり、当時そういう「自分探し」が周りで流行っていた節もあって、「自分探し」系のドラマや小説や当然映画には激しく拒否反応を示していた。まあ、対象年齢が近いということもある近親憎悪の部分がなきにしもあらず、だったのだろうけれど、そもそもが「自分探し」をするようなどちらかというと夢見る夢子ちゃん系の人が苦手... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/07/13 17:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。TBをありがとうございました。
なんということはないけれど、とても良い作品でした。心に染み入るというか。前向きなことと立ち止まることは一見違うことのように思えますが、実は根っこの部分は同じなのではないか?と思わせてくれた作品でした。
ここなつ
2018/07/13 17:52
久々の香港映画。これも久々の広東語を堪能しました。もとは舞台劇でロングランしていたというのも納得。嫌味のない作品で、なにより香港映画が光輝いていた時代へのオマージュが背景にあるのが嬉しいですね。
ぷ〜太郎
2018/07/25 15:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
『29歳問題』 :ゼロ年代前半の香港映画の雰囲気を感じました @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる