『レッド・スパロー』: これが女の生きる道! @名画座

画像

劇場鑑賞のスパイ映画2本です。
1本目は今春ロードショウの『レッド・スパロー』。
さて、映画。

ロシアの新進バレリーナ、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は舞台上の事故でバレリーナの道を絶たれてしまう。
情報局幹部の叔父ワーニャ(マティアス・スーナールツ)に救いの手を求めると、事故は同僚によって仕組まれたものだと教えられ、ドミニカは報復する。
それをみたワーニャ叔父はドミニカに、ある仕事を依頼し・・・

というところから始まる物語で、ドミニカは要人暗殺の片棒を担ぐ羽目になり、逆に生命の危機に晒されたドミニカは女スパイとして養成される・・・と展開する。

新進で有名なバレリーナがスパイになるのか・・・ちょっと強引な設定だなぁとは思うものの、その後、養成機関を経て、ロシア内部の二重スパイあぶり出しの任務を受けるドミニカ。
米国CIA(ジョエル・エドガートン)との間で駆け引きが始まり、米ロ間を行き来するドミニカに観ている方は魅了されていきます。

全編通じての緊張感。
シャーロット・ランプリングジェレミー・アイアンズメアリー=ルイーズ・パーカーといずれも出番は少ないが、映画を引き締めています。

とにかく、ジェニファー・ローレンス演じるドミニカのしたたかさに目を奪われます。
彼女の行動は、嘘のオンパレードのようにみえるが、よくよくみると、伝えている事柄の多くは事実。
ただし、本心を隠しているために、嘘のようにみえる。
というか、嘘も真実にみえる。
これが女の生きる道!

二重スパイの正体、それに続くクライマックスと、予想を超える展開で、驚かされました。
フランシス・ローレンス監督のねっとりした陰性の演出も光っています。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:53本
 外国映画44本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ
 日本映画 9本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:55本
 外国映画48本(うち劇場鑑賞 9本)
 日本映画 7本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レッド・スパロー

    Excerpt: 怪我のためバレリーナとしての将来を断たれたドミニカは、病気の母に治療を受けさせるためロシア諜報機関の訓練施設へ入所する。 そこは、ハニートラップと心理操作を武器にミッションを遂行するスパイ=<スパロー.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-09-08 02:35