『ジュリアン』:これが本当のリアルサスペンス・・・ @DVD・レンタル

画像

ヴェネチア国際映画祭で監督賞に輝いたフランス映画『ジュリアン』、ロードショウで鑑賞しました。
「ジュリアンは母親を守るため、必死で嘘をつく 家族は、衝撃の結末を迎えた」というのが謳い文句。
さて、映画。

アントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)とミリアム(レア・ドリュッケール)のベッソン夫妻。
ふたりは既に離婚しているが、子どもの親権について争っている。
姉のジョゼフィーヌ(マチルド・オヌヴー)は18歳というこでほぼ成人として扱われるが、弟ジュリアン(トマ・ジオリア)は11歳。
彼の養育や面会についてが争点。
暴力的なアントワーヌのことをジュリアンは恐れていて会いたくないと陳述したが、調停の結果、隔週の面会が許可される。
しかし、ミリアムはアントワーヌを極力避けし、新たな住所も電話番号も教えない・・・

というところから始まる物語で、子どもを挟んでの夫と妻の物語は、昨年観たアンドレイ・ズビャギンツェフ監督『ラブレス』を思い出したが、行き着くところは違っていた。

基本的には暴力夫から逃げ出す妻子の話だけなのだが、丹念に撮られた前半は魅力的。
いつ爆発するかわからない男アントワーヌを演じるドゥニ・メノーシェが心底怖く、彼の自家用車の助手席に乗ったジュリアンが涙を流すシーンは、本当に怖がっているとしか思えない。

で、これが米国映画だったら、夫側も妻側も弁護士が出てきて法廷闘争となるところだけれど、フランスではそうはならない。
というか、弁護士を雇うほどの金銭的余裕はなく(冒頭の調停のときのみ弁護士を雇っているが)、どうにも法律で解決し、その後、遵法精神があるような人物ではない。

ということで、最終的にはアントワーヌが暴力に訴え、ミリアムとジュリアンのもとを襲撃してしまう・・・って、なぁんだ、サスペンス映画かぁ、って残念。
サスペンス映画というジャンル映画ならジャンル映画のように撮ってほしいかったなぁ。

前半がリアリティ溢れての地味地味映画なので、突然、怒り狂うアントワーヌには驚かされはするものの、呆気ない結末も含めて、うーむと首をかしげたくなりました。

ま、これが本当のリアルサスペンスなのかもしれませんが、期待していたものとは異なりました。

評価は★★★(3つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品: 7本
 外国映画 7本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品: 9本
 外国映画 7本(うち劇場鑑賞 3本)
 日本映画 2本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ここなつ
2019年02月06日 12:27
こんにちは。
すみません、昨日コメントを残したつもりだったのですが、反映されていなかったようですので…もしタイムラグがあったらこちらは削除していただきたいのですが…
ジュリアンの涙を流すシーン、本当に父親役を怖がっていたとしか思えない感じでしたね。父親役もジュリアン役も演技派だったと思います。

この記事へのトラックバック

  • 「ジュリアン」

    Excerpt: 恐ろしい、というか、恐るべき、というか。何にせよストーカーというものは時に身近な人間がなるということの典型だと思う。っていうか調停員なのか裁判官なのかわからないけど、無能過ぎやしないか?ある意味一番真.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2019-02-06 12:24
  • ジュリアン

    Excerpt: 裁判所で、妻ミリアムと夫アントワーヌの離婚調停が行われた。 娘ジョゼフィーヌは18歳なので対象外だが、妻と暮らす11歳の息子ジュリアンの親権は共同となり、夫は隔週で息子と面会する権利を得る。 父は執拗.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-02-07 12:06
  • ジュリアン

    Excerpt: ヴェネチア国際映画祭で監督賞に輝いた衝撃のサスペンス・ドラマ。グザヴィエ・ルグラン監督がアカデミー賞短編賞にノミネートされた自作「すべてを失う前に」を基に、記念すべき長編デビューを飾った。離婚した両親.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2019-04-12 22:18