キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ビューティフル・ボーイ』 (2019) :少年と父親のヒリヒリ・ピリピリ感 @ロードショウ

<<   作成日時 : 2019/04/17 09:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

君の名前で僕を呼んで』のティモテ・シャラメ主演最新作『ビューティフル・ボーイ』、ロードショウで鑑賞しました。
本題に入る前に・・・
ビューティフル・ボーイ』というタイトルでは、2003年製作のタイ映画がありました。
これはトランスジェンダーのキックボクサーの実話でしたね。
さてさて、本題の映画。

2000年代の米国。
フリーランスのライター、デヴィッド(スティーヴ・カレル)が脳科学者にインタビューしている。
公式なものではなくプライベートなもの。
18歳の息子ニック(ティモシー・シャラメ)が薬物依存で、父親として出来ることは何かないか、と藁にもすがる思いであった・・・

というところからはじまる物語で、その後、映画はその1年前、デヴィッドがニックの薬物依存を発見するところから描かれていきます。

文才もあり、優等生であった息子が・・・どうして・・・と父親も思うわけですが、その原因は直截的には描かれません。

現在の描写のなかに、少しずつ、過去の映像が挟み込まれます。
ニックに弟が生まれるシーン、父親の再婚の結婚式、父親とのサーフィン、離れて暮らす母親のもとへひとり飛行機で旅立つ空港での父親との別れのシーンなどなど。
こういったあたりに、薬物に手を出した契機がありそうです。

映画は、過度にならないよう配慮しつつも、薬物から逃れられない依存症の姿を描いていきますが、最終的には8年間、クリーンな状態を続けている・・・と字幕で説明されます。

薬物依存症患者への救済・支援を訴える映画といえば映画ですが、スティーヴ・カレルとティモシー・シャラメが、やはり上手いです。
本人と父親とのヒリヒリ・ピリピリ感が伝わってきます。

以下、本編とは直接関係はないのですが、薬物依存の恐怖では『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000年)が、十代の若者の薬物依存では『クリスチーネ・F』(1981年)が記憶に残っています。

評価は★★★☆(3つ半)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:21本
 外国映画21本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:31本
 外国映画25本(うち劇場鑑賞 7本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ビューティフル・ボーイ
アメリカのフリー音楽ライター、デヴィッド・シェフは、息子ニックのことで悩んでいた。 成績優秀でスポーツ万能、読書と音楽が好きだったニックは、ドラッグの過剰摂取で病院に運ばれたり、更生施設に入っても逃げ出したりで、ボロボロ状態。 それでもニックは、ドラッグを買う金欲しさに嘘を重ねるのだった…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2019/04/18 01:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ビューティフル・ボーイ』 (2019) :少年と父親のヒリヒリ・ピリピリ感 @ロードショウ キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる