『ヴェノム』:エンドタイトル&クレジットが20分とは! @DVD・レンタル

画像

昨秋ロードショウの『ヴェノム』、DVDで鑑賞しました。
アメコミ『スパイダーマン』に登場する悪役だそうで、いわゆるスピンオフ作品にあたるのかしらん。
さて、映画。

正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)。
恋人アン(ミシェル・ウィリアムズ)のメールを盗み見して、大手企業ライフ財団が人体事件を行っていることを知る。
突撃レポートをするが、それが災いして契約を解除され、負け犬になってしまった。
それから半年。
ライフ財団の女性研究者から「助けてほしい」との懇願を受け、再びライフ財団の研究室に侵入したところ、謎の生命体に寄生されてしまう・・・

というところからはじまる物語だが、主役がヴェノム化するまでがモタモタしていて、あまり愉しめない。
エディがヴェノム化する中盤以降は、それなりの派手派手アクションもあり、それなりに愉しめますが、期待していた「善悪同居の極悪ヒーロー」からは遠かったです。

本編ストーリー的には、おおよそ90分程度なので、ま、悪くないねと思っていたところ、エンドタイトルが始まってからがヒドイ。

ソニー=コロムビア映画製作ということで『羊たちの沈黙』の楽屋落ちパロディがあり、延々と続くエンドクレジット終了後に、アニメ版『スパイダーマン』の予告編映像があり、結果として、全編が終了するのはエンドタイトル開始から20分!
これで、評価は大幅マイナスです。

評価は★★☆(2つ半)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:20本
 外国映画20本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:30本
 外国映画24本(うち劇場鑑賞 7本)←カウントアップ
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

2019年07月31日 14:49
何か、思っていたのと違ったですね。ヴェノムがバッタバッタと人間を食らうようなハナシかと思ってました。最後、ヴェノムとトム・ハーディのバディもののようになってましたね。

この記事へのトラックバック

  • ヴェノム

    Excerpt: アメリカの男性ジャーナリスト、エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているという噂のライフ財団に突撃取材したせいで会社をクビになり、恋人アンとも別れることに。 それでも財団の研究所に潜入したエディは.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-04-10 00:23