『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』: 戦場の真実 @特集上映

画像

北欧フィンランド製作の『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』、ロードショウに先駆けて特集上映で鑑賞しました。
北欧といえば「ミステリー」というのが最近のトレンドですが、本国では本作が年間興行成績1位だったとか。
さて、映画。

第二次世界大戦が勃発した1939年。
ソ連の侵略により、国土の東側を失ったフィンランド。
このときのフィン・ソ戦は「冬戦争」と呼ばれている。
それから約1年半。
フィンランドはヨーロッパで勢力を強めていたドイツと手を組み、失った国土を取り戻すべく、ソ連への侵攻を開始する。
それは、ソ連との果てしない泥沼のような戦争の始まりだった・・・

といったところから始まる物語で、奪われた土地を取り戻して再び家族と農場を再建したいと願う熟練兵ロッカ(エーロ・アホ)や、結婚を控えたまま戦地に赴いた中隊長カリルオト(ヨハンネス・ホロパイネン)、戦場でも純粋な心を失わないヒエタネン(アク・ヒルヴィニエミ)など、タイトルどおり「名もなき戦士たち」の物語。

とにかく、戦闘である。
塹壕近くに落ちる爆撃弾や銃弾など、まさに戦場にいるかの如く緊迫感。

主要人物たちも、あっけなく(といっていいほど)次々と死んでいく。
戦勲をあげるような英雄は出てこない(いや、熟練兵ロッカだけは、幾度も死地を潜り抜けて生き延びるのだから、それだけでも英雄なのだが)。

と、リアルな戦場映画である。

最近、国会議員のひとりが「戦争で奪われた領土は戦争でしか取り返せない」云々という不謹慎な発言をしたが、そうなるとどれほど悲惨なことになるかは、この映画をみてほしい。

監督はフィンランド内戦にシリアスな恋愛を絡めた映画『4月の涙』を撮ったアク・ロウヒミエス。
今後も注目したい監督のひとりです。

評価は★★★★☆(4つ半)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:37本
 外国映画34本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ
 日本映画 3本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:49本
 外国映画37本(うち劇場鑑賞 8本)
 日本映画12本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック