『母さんがどんなに僕を嫌いでも』:主役の青年と子役の繊細かつ図太い存在感 @DVD・レンタル

昨秋公開の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』、DVDで鑑賞しました。 謳い文句は、 20年以上、母の愛をあきらめなかった息子の実話 さて、映画。 東京の下町で町工場を営む両親に育てられたタイジ(太賀)。 いまは、中堅企業で働いているが、かつて、母・光子(吉田羊)から逃げ出してきたものだった・・・ といったところから…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

『マイ・プレシャス・リスト』:よくあるリストもの映画を脱しきれず @DVD・レンタル

昨秋公開の『マイ・プレシャス・リスト』、DVDで鑑賞しました。 謳い文句は、 「幸せになるためのリスト」はじめます。 さて、映画。 ニューヨーク・マンハッタンに暮らす19歳のキャリー・ピルビー(ベル・パウリー)。 IQ185の超天才少女で、ハーバードを飛び級で卒業したがゆえにコミュニケーション不全気味。 通っているセ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more