『蜜蜂と遠雷』:日本の音楽映画では最上位に位置するのでは @試写会

蜜蜂と遠雷.jpg

『愚行録』の石川慶監督最新作『蜜蜂と遠雷』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
原作は恩田陸の同名小説。
直木賞と本屋大賞のダブル受賞だそうだが、未読。
過去には『木曜組曲』『夜のピクニック』が映画化されていますね。
さて、映画。

芳ヶ江国際ピアノコンクール。
3年に一度開催され、前回優勝者が世界トップクラスの注目を浴びていることから、若手ピアニストの登竜門として世界から注目を集めている・・・

といったところから始まる物語で、コンテストに出場するピアニストたちのうちの4人に焦点があてられて物語は進んで行きます。

ひとりめ、栄伝亜夜(松岡茉優)。
天才少女と謳われていたが、母親を亡くしたことをきっかけにスランプに陥っている。

ふたりめ、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)。
ニューヨークの名門・ジュリアード音楽院の秀才。
ただし、幼い頃は、亜夜の母親にピアノを習っており、亜夜とは幼馴染。

さんにんめ、高島明石(松坂桃李)。
コンクール出場の年齢制限ギリギリの妻子あるサラリーマンピアニスト。
「生活者の音楽」が彼の心のよりどころ。

よにんめ、風間塵(鈴鹿央士)。
先ごろ他界した世界的ピアニスト、ユージ・フォン・ホフマンが送り込んだ未知数の少年。
「世界は音楽で満ち溢れている」と亜夜に告げる。

登場人物の背景などをあらためて文章にしてみると、かなりベタな設定で、これで(いわゆる)ドラマを中心に描くと、かなり世俗的でベタベタ、ウェットになりかねない。

そこんところを、脚本・編集も兼務した石川慶監督は、音楽を中心にみせることに徹しています(原作でも、音楽を文章で表現したらしいが)。
この試みは、成功。

4人の登場人物それぞれに別々のプロの吹替ピアニストを用意し(クレジットでわかる)、音楽をプレレコし、それに合わせて演技を付けている。
ピアノの音質も違うし、俳優たちのキータッチもスタイルも違う。
もっとも顕著なのは、二次予選の課題曲「春と修羅」のカデンツァ(即興演奏・自由演奏)のシーン。
カデンツァのフレーズは、それぞれ特別に作曲したと思しいが、それぞれのキャラクターに適した演奏、カット割りで魅せてくれます。

最終選考の協奏曲、オーケストラが登場してからは、アクの強い指揮者・小野寺(鹿賀丈史)が登場し、これまた、映画のタッチを絶妙に変えていきます。

全編がピアノを弾くシーンで満たされ、結末もこれ以上描くと蛇足になる、というギリギリ絶妙なタイミングでエンディングを迎えます。

日本映画(外国映画も含めてかも)の音楽映画では最上位に位置する映画ではありますまいか。

評価は、★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:71本
 外国映画56本(うちDVDなど 7本)
 日本映画15本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ

旧作:2019年以前の作品:69本
 外国映画49本(うち劇場鑑賞12本)
 日本映画20本(うち劇場鑑賞 6本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月30日 23:31
お、評価が高いですね!
今作も鑑賞予定にしているので、楽しみです。私も原作は未読です。
りゃんひさ
2019年10月01日 22:59
トリトンさん

はい、高評価です。
音響のいい劇場で観ることをお薦めします。
ま、シネコンならば、大丈夫ですが。
じゃむとまるこ
2019年10月06日 10:32
今日鑑賞予定をしています。
元TOHOシネマズだった地元の映画館なので音響はよいでしょう。
蛇足なしというところ期待できます。
でも、演奏シーンどうなのかな?という心配もあって・・・