『カツベン!』:活劇も笑いも涙も活弁の語りも愉しめる極上の一篇 @試写会

カツベン.jpg
周防正行監督最新作『カツベン!』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
主演は、直前に観た『愛がなんだ』の成田凌。
さて、映画。

映画黎明期の大正時代。
活動弁士になることが夢の少年・俊太郎、憧れの弁士は山岡秋聲(永瀬正敏)。
月日は流れ、青年になった俊太郎(成田凌)は活動弁士になったものの、それは窃盗団のお先棒担ぎ。
いわば騙りの弁士で、弁士だけにカタるが商売・・・
といっているうちに、警察に目を付けられ、逃げる途中で一味の金を持ち逃げする羽目になった俊太郎。
逃げ込んだ先は、傾きかけた劇場(コヤ)・・・

といったところからはじまる物語で、喜劇らしい喜劇、活弁も活劇も笑いも涙もみんな詰まった映画。

こういう映画は近頃珍しい、さすがは周防監督!
と思ったが、この企画、周防監督自身の企画ではなく、永年助監督を務めていた片島章三が書いた脚本が先にあったとのこと。

周防監督自身は、「昔は、サイレント映画は、サイレントで観るものと思っていたのですが・・・ 日本には真のサイレント映画はなかった、なぜなら、活動弁士がいたから、という稲垣浩監督の言葉で、なるほどと腑に落ちた」と言っています。

で、これまでの周防監督作品だったら、未熟な活動弁士が一流の活動弁士になる・・・というようなストレートな映画になっていたかもしれないのですが、世は既に活動弁士の役割にも陽が翳りつつある頃。
弁士たちは気づいていないけれども、映画の文法・モンタージュも醸成され、「観ていればわかる」映画が出始めて来た頃(それに気づき、スタイルを変え、人気が凋落するのが山岡秋聲なのですが)。
なので、一流弁士となったとしても、それだけでめでたしめでたしとはならない・・・・

ということで、活劇も笑いも涙も活動弁士の語りの芸も愉しめる作品と相成った。

あとは観てのおたのしみ。
お楽しみはこれからだ、ということで、劇場でごらんください。

評価は★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:100本
 外国映画74本(うちDVDなど16本)
 日本映画26本(うちDVDなど 8本)←カウントアップ

旧作:2019年以前の作品:78本
 外国映画53本(うち劇場鑑賞14本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞10本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こんにちは。
2019年11月23日 17:46
高評価ですね!
予告を見て鑑賞予定をしていますが、楽しみです♪
2019年11月23日 18:06
試写会、うらやましいなー。
今作も鑑賞予定で、めっちゃ楽しみにしている作品です。
周防監督作は大好きだし、ますます楽しみになりました!
りゃんひさ
2019年11月23日 22:57
こんにちは。さん

是非、ご覧くださいませ。
りゃんひさ
2019年11月23日 22:58
トリトンさん

是非、ご覧くださいませ。ご期待に沿うと思いますよ。
じゃむとまるこ
2019年11月24日 00:22
あらら、こんにちはさんはわたくしです。
アメブロでは先ずこんにちはと書くのでうっかり混同。

この映画は期待大です。