『1917 命をかけた伝令』 :全編をワンカットでみせる意義が疑問 @ロードショウ

1917.jpeg

『アメリカン・ビューティー』『007 スカイフォール』『007 スペクター』のサム・メンデス監督最新作『1917 命をかけた伝令』、ロードショウで鑑賞しました。
本年の米国アカデミー賞でも作品賞・監督賞本命視されていた作品です。
結果は撮影賞・視覚効果賞・音響賞の3つの技術部門で受賞しましたね。
さて、映画。

1917年4月のある日。
第一次世界大戦の真っ只中の西部戦線。
膠着を続けていたが、ドイツ軍が撤退を始めた。
前線の英1個大隊はこれを好機とみて進軍の準備を進めるが、空中からの偵察により、この撤退はドイツ軍の罠だと後方の指令本部は気づいた。
大隊指揮官へ進撃中止の命令を届けねばならぬ・・・として選ばれたのが、ふたりの若い兵士だった・・・

というところからはじまる物語で、第一次大戦下の伝令の映画といえば、メル・ギブソンの出世作、ガリポリの戦いを舞台にした『誓い』が思い出される。
まぁ、1981年の作品だから、思い出すひとは少ないだろうが、思い出しちゃったものは仕方がない。
あちらは戦争を背景にした青春映画の趣があった。

本作は、全編ワンカット映像の謳い文句も華々しく、戦争アクション、戦争サスペンス映画。
多少の伝令ふたりの友情は描かれるが、それはやはり多少のスパイスで、戦争アクション娯楽映画。

全編ワンカットと謳っているだけあって、映像から迸る緊張感はものすごい。
(実際は、ロングテイク、長廻し演出を巧みに繋ぎ、エンドロールで示される多数のデジタルアーティストによる合成もあるのだろうと推察されるが)

でも、出だしで観る気持ちがズッコケてしまいました。

というのも、伝令を届ける先は14.5キロ先。
つまり、尺の2時間では到底到着できない。

「尺の」と書いたのには理由がある。
全編ワンカット、と聞いたので、「あ、これはリアルタイム・サスペンスもの(=上映時間と映画の物語の時間の長さが同じもの)だな!」と思っていたから。
(ワンカット映像にチャレンジした作品ではヒッチコックの『ロープ』、リアルタイムサスペンスものではジンネマンの『真昼の決闘』を思い出します)

映画の中の時間が尺を優に超えてしまうのならば、全編ワンカットのシームレスで撮る必要がない。
そう思うし、実際、シームレスにしてしまったが故に、映画内の時間の流れが全然わからなくなり、とにかく目まぐるしいだけ。
(あれれ、知らないうちに夜になっちゃった。いつ時間が進んだんだ? もしかして、さっき目を瞑った瞬間? とか余計な労力を要してしまいました)

これならば、エピソードごとのワンカット長廻しで、ワイプ、ディゾルブ、フェードインなどの一般的な映画文法で描いたほうが、格段よかったのではないかしらん。

と、まぁ、オールドファンとしては乗り切れず。
乗りこなせない荒馬のような映画でした。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 20本
 外国映画12本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 16本
 外国映画 8本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年02月29日 17:05
私は、全編ワンカット映画だと、2016年に公開された「ヴィクトリア」を思い出します。
ヒロインが体験する衝撃の一夜を描いた、巻き込まれ型サスペンスです。
ひたすらヒロインを追っていくので、スゴイ!って思いました。
https://ameblo.jp/champagne-bar-triton/entry-12497766662.html
りゃんひさ
2020年02月29日 23:31
トリトンさん

コメントありがとうございました。
「ヴィクトリア」は観ていないです。そういえば『バードマン・・・』もワンカットに近い映像だったかしらね。長廻しだけだったら、御大デ・パルマですけど。
2020年05月17日 15:17
こんにちは。
確かに、「ワンシーン、ワンカット」という煽り文句だけをみると、「いやいや…」という気持ちにはなりますよね。
しかし、戦争映画として、無駄な要素を取り除いた没頭できる作品であったとは思います。
りゃんひさ
2020年05月17日 22:58
>ここなつさん

ご訪問&コメントありがとうございました。
>戦争映画として、無駄な要素を取り除いた没頭できる作品であった
というのはそのとおりで、無駄な要素を省いたのだから、普通に撮ればよかったのに・・・と天邪鬼的に思った次第であります。