『プレーム兄貴、王になる』:豪華な歌と踊りのスター映画 @DVD

プレーム兄貴.jpg

ことし2月にロードショウされた『プレーム兄貴、王になる』、DVDで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

お人好しで面倒見がよい、下町の貧乏役者プレーム兄貴(サルマーン・カーン)。
一方、とある王国では兄王子と弟王子による後継ぎ抗争中であったが、即位式を数日後に控えていた兄王子が、陰謀により崖から転落の大事故を負う。
側近の宰相は、兄王子にそっくりなプレーム兄貴を影武者に仕立てるが・・・

といったハナシで、物語的には、よくあるもの。
ま、インドの娯楽映画には、あまり物珍しいものは少なく、オーソドックスな方が歌や踊りやコメディ部分を楽しめるというもの。

すっかり兄王子になりきったプレーム兄貴は、これまで傲慢だった兄王子のイメージを壊し、関係か冷え切っていた婚約者マイティリー王女(ソーナム・カプール)やふたりの妹とも和解する・・・と展開。

感心させられたのは、下の妹と仲直りする際の大サッカーシーン。
歌と踊りを交えての「そんなことないわいな」的な展開を力業でみせてくれます。

クライマックスは、意識を取り戻した兄王子を交えての、弟王子一味との大合戦。
ま、当然、兄弟の情を取り戻す展開になるのだけれど・・・

と、全体としての予定調和物語と、歌と踊り、「スター」サルマーン・カーンを楽しめばいいのだけれど、サルマーンをずっと見ていると飽きちゃうんだよね。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 53本
 外国映画43本(うちDVDなど14本)←カウントアップ
 日本映画10本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 65本
 外国映画41本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画24本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2020年08月11日 15:12
見ていて飽きる顔と言われてはサルマーン・カーンも形無しですね。スーパースター、ラジニカーントの方が飽きないちえばそうですけど、彼、今でははげたいい爺さんになっていますね。
りゃんひさ
2020年08月11日 22:50
>ぷ~太郎さん

ははは、サルマーンも形無しですかねぇ。
2020年08月19日 23:24
実にインド映画らしい、インド映画の良さが詰まった作品でした。
ひたすら明るくてゴージャス、こういう映画は大好きです!
りゃんひさ
2020年08月20日 00:06
>トリトンさん

実にインド映画らしい映画で、しばらくインド映画はいいかなぁという感じも・・・