『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』:タイトルは意外と意味深い @ロードショウ

ラストブラックマン.jpg

サンダンス映画祭で監督賞と観客賞を受賞した『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』、ロードショウで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

米国西海岸、サンフランシスコ。
黒人青年ジミー(ジミー・フェイルズ)は親友モント(ジョナサン・メジャース)の家に居候しているが、根っからのシスコっ子。
フィルモア地区に建つ一軒家で生まれた彼は、いまや金持ち白人が暮らすその家をこよなく愛していた。
なんでも、その家は、ジミーの祖父が太平洋戦争終結後、自らの手で建てたと、祖父から聞いていたからだ。
けれども、サンフランシスコで黒人が一軒家を持てたのは、今は昔。
そんなある日、件の家の持ち主の老人が急死し、居住していた娘夫婦は相続騒動からその家を後にした。
空き家になったその家をジミーとモントは不法占拠して暮らし始めるが・・・

といった内容で、一言でいえば、郷愁の物語。
その郷愁を掻き立てる故郷が身近で、都会であるあたりが厄介で、かつ、貧富の差のみならず人種の壁も存在している・・・といった内容。

主演のジミー・フェイルズの実体験に基づいている物語らしく、彼を中心とする黒人たちの生き方はリアル。
だが、映画としては、一眼的で、サンフランシスコの黒人視点オンリーであるがゆえに、物語の語り口が狭い。

最終的には、件の家が、ジミーの祖父の手になるものではなかったことを知ったジミーが、故郷に背を向けて旅立つのだけれど、なんだか行動が幼く感じられて仕方がない。

終盤、モントが、共通の友人(といっても出会う度に罵られているのだが)の死を題材にした一人芝居を演じるシーンは、演じられる芝居そのものは支離滅裂なれど、サンフランシスコで暮らす黒人の立場が身に染みてくる。

タイトルの『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』とは、モントが演じるひとり芝居のタイトルで、「サンフランシスコで暮らす最後の黒人」の意ではなく、「(なんやかやで白人の人種差別・偏見で殺された)サンフランシスコの最後の黒人(であってほしい)」と( )部分が言外にあります。

演出、脚本とも未熟で冗漫な映画ですが、それだけで悪く評価できない魅力も感じる作品でした。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 75本
 外国映画58本(うちDVDなど19本)←カウントアップ
 日本映画17本(うちDVDなど 4本)

旧作:2020年以前の作品: 63本
 外国映画56本(うち劇場鑑賞 8本)
 日本映画27本(うち劇場鑑賞 4本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年10月26日 23:42
今作は、当初は鑑賞予定でしたが、結局スルーしました。
サンフランシスコを取り巻く状況とか分かんないし、共感出来そうになくて。。。
りゃんひさ
2020年10月27日 22:59
>トリトンさん

これはたぶん、共感しづらいと思います。映画が素人臭いので。