『Summer of 85』:少年の日の初恋は瑞々しいままにしておいて @ロードショウ

お気に入り監督のひとり、フランソワ・オゾン監督最新作『Summer of 85』、ロードショウで鑑賞しました。 原作は英国人作家エイダン・チェンバーズの『おれの墓で踊れ』(未読)。 前置きは短く、さて、映画。 1985年、夏のフランス、海に近い小さなとある町。 2年前にこの地に引っ越してきて両親と暮らす16歳の少年アレッ…
コメント:2

続きを読むread more