『オールド』:明日死ぬとしたら、どう生きる? @ロードショウ

オールド.jpg

M.ナイト・シャマラン監督最新作『オールド』、ロードショウで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

美しい海岸のとあるリゾートホテル。
ガイ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とプリスカ(ヴィッキー・クリープス)の夫婦は11歳の娘と6歳の息子を連れて訪れた。
プリスカの病気と不倫により危うい夫婦関係にあったふたり。
ホテルマネージャの薦めで、家族はホテルから離れたプライベートビーチで過ごすことにする。
彼らとともにそのビーチを訪れたのは、幼い娘と老いた母親を連れたチャールズ(ルーファス・シーウェル)とクリスタル(アビー・リー )夫妻と、看護師のジャリン(ケン・レウン)とパトリシカ(ニキ・アムカ=バード)の三組。
しかし、しばらくすると、先に着いていた有名ラッパーがビーチにいることがわかる。
彼はパートナーを待っているというのだが、程なく、そのパートナーの溺死体がビーチに流れ着く・・・

といったところからはじまる物語で、予告編などで予備知識がなければ、限定空間の密室殺人スリラー、もしくは、血を吸う殺人ビーチの映画かしらん、と思う。
ですが、みなさん、ご承知のとおり、そんなことはなく、このビーチでは、ひとが異常な速さで成長・老化するのであって、そんな異常な状況に巻き込まれた人々がどのようになるか、というのがお楽しみ。

で、「異常な状況下でのフツーの人々」を描くのがエンタテインメント(スティーヴン・キング談)ならば、フツーのエンタテインメントなのだけれど、どうにもフツーでなさそう。

登場する人物の何人かは、フツーでない状況にあるようで、そこいらあたりは終盤まで明かされない。
そこが、この映画の最終的な謎解き・決着の伏線、というのが、実に巧み。

中盤のクライマックスは、プリスカの右脇腹の腫瘍がとてつもない速さで大きくなること。
このままでは死んでしまう・・・ということで、手持ちのナイフでチャールズが開腹切除を行うところ。
傷口は瞬時に癒え、プリスカの病気は恢復する。

へへへ、ちょっと上手いね。

病気の源は切除されたプリスカはフツーの人になり、ガイとの夫婦関係がどうなるのか・・・というあたりに、観客の関心を移すのに役立っています。
結果、ギクシャクしていた夫婦関係が、異常な状況下で修復されるあたり、とても好ましい映画に感じました。

さてさて、異常な速さで成長・老化する「ビーチの謎」が、映画の決着点なんですが、これまでのシャマラン映画では、そこんところの謎解きに観客をリードするところ、この映画では、それをずらしていきます。

つまり、そんなビーチが「出来た」謎ではなく、そんなビーチに「ひとびとが集まった」謎、へと。

なるほどね。
いわゆる、古いタイプのSF映画の手法で、異常な状況は前提であり、そこでのひとびとがどのように、そして、なにを目的として行動するのか、を描くというわけで、最近のシャマラン映画では、よくできた作品だと感じました。

ただし、グラフィックノベルの原作があることが成功の理由かもしれませんが。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:39本
 外国映画23本(うちDVDなど 9本)←カウントアップ
 日本映画16本(うちDVDなど 5本)

旧作:2021年以前の作品:69本
 外国映画44本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2021年09月07日 17:07
さっそく観てきました。なるほどねと言ったところ。ツッコミどころがないわけではないけれど、確かによくできていると思います。でも、私も犯人というか仕掛け人と同様の立場だったら、やってみたいと思うかもね。一人の死より、数万の生をという都合のいい理由で、自分の研究心を満足させたいとおもうかもしれません。そういう意味ではホントに怖い話です。
りゃんひさ
2021年09月07日 21:02
>ぷ~太郎さん

そうですね。
>都合のいい理由で、自分の研究心を満足させたいとおも

わせるところが怖いのかもしれません。ありそうな恐怖。