『シングルマン』:スタイリッシュな映像で描く心もよう @ロードショウ・ミニシアター

画像


ファッションには疎いので、トム・フォードの名前は初めて耳にしました。
本職はGUCCIなどで著名なクリエイティブ・ディレクターだとのこと。
なるほど、映像のセンスはスタイリッシュですねぇ。

オープニングは、水の中を漂う全裸の男性。ブルーの画面が幻想的。

しばらくすると、雪原で転倒した一台の自動車。傍らに横たわる男性の死体。白を基調にしたモノトーンのような映像。
死体の睫(まつげ)に纏わりつく雪。
その顔を覗き込むダークスーツの男。
あくまでもモノトーンの世界。

そのモノトーンの世界は、愛するひとを失くしたコリン・ファースの悪夢。
目覚めても、色が飛んだような世界。

映画は、愛するひとを亡くして八ヶ月、絶望の淵で最期を決断したコリン・ファースの一日を描いていきます。

愛するひとと暮らした日々。過去は色鮮やかに。
そして、現在は、色褪せてくすんだ色調で。

でも、しかしながら、もしあの愛するひとに代わって、また愛することが出来るのならば・・・
生と死の間を逡巡します。
そして、死から生への想いが蘇ると、画面は現在であっても色づきます。

スタイリッシュといえばスタイリッシュ。
判りやすいといえば判りやすい。
この判りやすさが、デザイナー的なところかしらん。
コリン・ファースの内面に、もっと共感・共鳴したいんだけれども、共感・共鳴しづらくしているのではありますまいか。

なので、エンディングは、色褪せてくすんだ色調から、ホンモノのモノトーンへ。
判りやすい。

が、あれれ、コリン・ファースと愛するひととの過去の映像で、1エピソードだけコントラストを強めたモノクロームの映像があったぞ?
あれは、どういう意味合いなのかしらん。

エンディングの先にあるものなのか。
それとも、ふたりの幸福は、色鮮やかな世界を超越したところにある(あった)ということなのか。

スタイリッシュな映画が残してくれた謎。
判りやすいわけではなかったのかもしれません。

抜群にスゴイ!とまではいきませんが、一見の価値ありとして、★4つとしておきます。

 

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『ヤコブへの手紙
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『人生万歳!』
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『Ricky リッキー
⇒『永遠の語らい
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『ルイーサ
⇒『ニューヨーク、アイラブユー
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺


画像

↑バックの写真はヒッチコック監督『サイコ』のジャネット・リー。
 トム・フォード監督の女性に対する悪意がなんとなく感じられます。

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画41本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)←カウントアップ
  日本映画19本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画82本(うちDVD、Webなどスクリーン以外81本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

"『シングルマン』:スタイリッシュな映像で描く心もよう @ロードショウ・ミニシアター" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント