『名探偵ポワロ 死との約束』 @レンタルDVD

画像


久し振りにデイヴィッド・スーシェ扮する名探偵ポワロ・シリーズの新作を鑑賞しました。
2010年の秋頃にNHK BSハイビジョンで放送していた4本が12月にはDVDで登場しました。
貸し出しが続いていて、やっと1本レンタルできました。
さて、

原作も読んだことは読んだのですが、サッパリ忘れていました。
それにしても、こんなストーリーだったかなぁ・・・

ピーター・ユスティノフがポワロを演じた映画版『死海殺人事件』とも雰囲気が違うし。
TVシリーズの『メソポタミヤの殺人』に近い雰囲気。

困ったときの『名探偵ポワロ』データベースをアクセス。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~hokotate/poirot/episodes/appointment.html

ふむふむ、「子供たちに(それも成人した)、頗るつきの恐怖の影響力を与えているボイントン夫人」というところだけが原作に同じだけで、ほぼオリジナルに近いようです。

妻に訊いたところ、殺人の動機も原作とは大きくことなっています。

考古学者のボイントン卿役のティム・カリー(『ロッキー・ホラー・ショー』)のほかに、ジョン・ハナー(『スライディング・ドア』)、それに久々のエリザベス・マクガバン(『ラグタイム』)とキャストは豪華です。

出来栄えとしては、シリーズでも平均点といったところかしらん。
それにしても、ヘイスティング大尉が出てこなくなってから、作品が重々しすぎていただけないデス。

同時期製作作品のレビューは記事はコチラのリンクから

⇒『鳩のなかの猫
⇒『マギンティ夫人は死んだ
⇒『第三の女



名探偵ポワロ 全巻DVD-SET
Happinet(SB)(D)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名探偵ポワロ 全巻DVD-SET の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"『名探偵ポワロ 死との約束』 @レンタルDVD" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント